Rakuten infoseek

辞書

日本工業規格

デジタル大辞泉

にほん‐こうぎょうきかく〔‐コウゲフキカク〕【日本工業規格】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

日本工業規格
 →JIS(ジス)

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

日本工業規格
略称はJISで、昭和26年(1951)に制定された「工業標準化法」に基づいて実施されている日本の鉱工業製品の統一規格をいう。鉱工業品の種類型式、形状、寸法、構造、品質、等級など細部にわたる事項について全国的に統一し、それにより品質改善、生産能率の増進をはかることを目的としている日本工業規格に合格した鉱工業製品には、JISマークがつけられる。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

にほんこうぎょうきかく【日本工業規格】

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんこうぎょうきかく【日本工業規格】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にほんこうぎょうきかく【日本工業規格】
工業標準化法により主務大臣が定める、鉱工業品の種類・形状・寸法・構造などに関する規格。日本工業標準調査会が規格制定を行い、経済産業省が認定する。認定した製品にはジスマークがつけられる。JIS(ジス)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本工業規格
にほんこうぎょうきかく
JIS」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本工業規格
にほんこうぎょうきかく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほん‐こうぎょうきかく ‥コウゲフキカク【日本工業規格】
〘名〙 工業標準化法により、日本の鉱工業品の技術的事項を統一するために定められた規格。日本工業標準調査会で審査し、合格した製品にはJISマークがつけられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

日本工業規格
ニホンコウギョウキカク
Japanese Industrial Standards

略称JIS.わが国の工業標準化の促進を目的とする工業標準化法(1949年)にもとづき制定される国家規格.規格は鉱工業品の品質の改善,生産能率の増進,生産の合理化,取引の単純公正化,使用または消費の合理化をはかる目的で,鉱工業品の種類,形状,品質,性能,生産方法,試験方法などについて制定している.規格は,経済産業,国土交通,厚生労働,文部科学,総務,環境省の各大臣が主務大臣となり,調査立案し,日本工業標準調査会による調査審議を経て制定される.約9000件が制定されていて,それぞれに番号が付されている.このJIS番号は,分野を表すアルファベット一文字と,原則として4けたの数字との組合せからなる.たとえば,JIS G 3102は鉄鋼分野で機械構造用炭素鋼の規格であることを示す.主務大臣はJISとして制定したもののなかから一般消費者の利益保護,安全衛生の確保,公害・災害の防止などにいちじるしい効果があると認められる品目(製品)や種目(加工技術)を,JISマーク表示制度の対象として指定している.制度の認定条件を満たすとき,製造業者はその品目(種目)にJISマークを表示することができる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本工業規格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本工業規格の関連情報

他サービスで検索

「日本工業規格」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.