Rakuten infoseek

辞書

日向夏

デジタル大辞泉プラス

日向夏
宮崎県、静岡県、高知県などで生産される柑橘類温州みかんよりやや大きく、果皮レモンのような薄い黄色で、白皮部は厚くやわらかい。果汁が豊富で、爽やかな甘みがある。白皮部をつけたまま切り分けて食することができる。江戸時代の文政年間に宮崎県宮崎市の真方安太郎の宅地内で発見された偶発実生名称は発見地名に由来する。宮崎県以外で栽培されるものは、「ニューサマーオレンジ」「小夏」などの名で呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひゅうが‐なつ〔ひうが‐〕【日向夏】
ミカン科の常緑低木。花は白色果実は4~6月に熟す。果皮は薄黄色で滑らか。外皮だけ剝き、白い内皮をつけたまま食べる。果汁が豊富で、果肉は果汁が多く、ユズに似た香りがある。文政年間(1820年頃)に現在の宮崎市で発見された。「小夏」「ニューサマーオレンジ」などとも呼ばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

日向夏 (ヒュウガナツ)
学名:Citrus tamurana
植物。ミカン科の常緑低木,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

日向夏[果樹類]
ひゅうがなつ
九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
江戸時代、宮崎市の庭先に育っているのを偶然発見された宮崎県原産の柑橘。全国一の生産量を誇る特産果樹である。外皮を薄く剥いてから、甘みのある白皮と果汁のつまった果肉を一緒に食べると、独特の風味が味わえる。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日向夏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日向夏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.