Rakuten infoseek

辞書

日光火山群【にっこうかざんぐん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日光火山群
にっこうかざんぐん
栃木・群馬両県にわたり,男体山 (2484m) ,白根山 (2578m) を中心とする火山群。複輝石安山岩などから成る。火山活動は東部女峰山 (2376m) ,赤薙山 (2010m) に始り,次いで大真名子山,小真名子山,丹勢山 (たんぜやま) ,太郎山,山王帽子岳,三岳などを噴出し,さらに男体山,活火山の白根山を形成した。火山群の活動によって華厳滝,竜頭,湯滝,八丁滝などの滝,中禅寺湖,湯ノ湖,切込湖,刈込湖,菅沼,丸沼などの堰止湖がつくられた。戦場ヶ原もかつては堰止湖であった。日光湯元温泉,丸沼温泉などがあり,二荒山神社,輪王寺,日光照宮などの文化財とともに,日光国立公園の中心的観光資源。火山群地域を国道 120号線が通り,白根山の北東を金精道路がトンネルで貫く。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっこうかざんぐん【日光火山群】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

にっこう‐かざんぐん ニックヮウクヮザングン【日光火山群】
栃木県日光市の男体山(なんたいさん)を主峰とする火山群。男体山のほか、東から赤薙山、女峰山、大真名子山、太郎山、白根山(二五七八メートル=最高峰)などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日光火山群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日光火山群の関連情報

関連キーワード

美馬[市]夢の街創造委員会男鹿[市]滑川[町]むつみ[村]日光二荒山神社宝物館ビルガンジ福島区大阪市の要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.