Rakuten infoseek

辞書

日光国立公園【にっこうこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日光国立公園
にっこうこくりつこうえん
栃木県北部を中心に,群馬県福島県の一部にまたがる自然公園。面積 1149.08km2。1934年日光,尾瀬奥鬼怒を中心とする 569.23km2を指定。1950年隣接の那須,塩原,鬼怒川などの地域を追加指定。2007年尾瀬国立公園誕生に伴い,尾瀬を中心とする 252.03km2が尾瀬国立公園に編入された。この地域は,白根山最高峰とし,男体山太郎山高原山那須岳など 2000m級の高峰連なり,その間に戦場ヶ原那須高原などの高原,中禅寺湖湯ノ湖などの湖沼群,華厳滝をはじめとする多数の瀑布がある。また,栃木県の庚申山で発見されたことから命名された,国指定特別天然記念物のコウシンソウ自生地がある。日光には東照宮輪王寺二荒山神社など人工の粋をきわめた建築があって,自然と人工の美がよく調和している。また公園内には那須温泉郷塩原温泉郷鬼怒川温泉川治温泉湯西川温泉奥鬼怒温泉郷湯元温泉,丸沼温泉などの温泉地があり,古くから観光拠点をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

日光国立公園
1934(昭和9)年、国立公園に指定された。栃木、福島群馬の3県にまたがる11万4千ヘクタールで、世界文化遺産「日光の社寺」やラムサール条約湿地奥日光の湿原」、日光湯元温泉那須塩原両温泉郷などがある。全国32の国立公園の中で、2015年に訪れた外国人数(推計)で日光は7位の19万人。富士箱根伊豆がを抜いて多く、支笏洞爺と阿蘇くじゅうが続いた。国は20年までに訪日外国人の国立公園利用者を15年の倍以上の1千万人にする目標を掲げる。
(2016-09-23 朝日新聞 朝刊 栃木全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

にっこう‐こくりつこうえん〔ニツクワウコクリツコウヱン〕【日光国立公園】
栃木県北部を中心に群馬・福島の各県にまたがる国立公園東照宮中禅寺湖那須鬼怒川などがある。昭和9年(1934)に群馬・福島・新潟の3県にまたがる尾瀬地区を含む範囲で指定されたが、平成19年(2007)に尾瀬国立公園が分離した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっこうこくりつこうえん【日光国立公園】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にっこうこくりつこうえん【日光国立公園】
栃木県・群馬県・福島県にまたがる国立公園。日光・那須を中心に、鬼怒川・塩原の温泉地区を含む。寺社などの史跡のほか、山岳・湖沼など豊かな景観に恵まれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日光国立公園
にっこうこくりつこうえん
栃木県北部を中心に、群馬、福島の3県にまたがる国立公園。1934年(昭和9)阿寒(あかん)(2017年阿寒摩周(ましゅう)に名称変更)、阿蘇(あそ)(1986年阿蘇くじゅうに名称変更)などとともに日光・尾瀬地区569.23平方キロメートルが国立公園に指定され、1950年(昭和25)鬼怒川(きぬがわ)・塩原・那須(なす)地区などが編入され、1957年区域変更、拡張が行われた。2007年(平成19)8月には尾瀬地区を分離、尾瀬地区を中心地域とした尾瀬国立公園が指定された。面積1149.08平方キロメートル。1911年(明治44)栃木県日光町が第28帝国議会に「日光山ヲ帝国公園ト為(な)スノ請願書」を提出し、これの採択がきっかけとなって、1931年国立公園法が制定され、1934年第1回の雲仙(うんぜん)(1956年雲仙天草に名称変更)などに続いて同年第2回目に指定された。火山、高原、渓谷、滝、湖沼、湿原、森林植生など天然の秀でた日本的景観に加え、東照宮、輪王(りんのう)寺、日光二荒山(ふたらさん)神社などの人工美の両面を兼ね備え、電車、バスなどの交通の便がよく、東京観光圏に含まれ、ゴルフ場、釣り、ハイキングコース、旅館、保養所などの観光施設が整っているところにこの公園の特長がある。
 日光地区は、徳川家康を祀(まつ)る東照宮など二社一寺を中心に門前町として発達した日光市街地や、霧降(きりふり)高原など表日光と、いろは坂上の奥日光からなる。奥日光には国の名勝に指定されている華厳滝(けごんのたき)、中禅寺(ちゅうぜんじ)湖をはじめ、男体(なんたい)山、特別保護地区の戦場ヶ原、湯ノ湖、日光湯元温泉などがあり、新緑、避暑、紅葉など年中観光客でにぎわう。鬼怒川・栗山(くりやま)、塩原・那須甲子(かし)地区は渓谷や火山に加えて温泉に恵まれ、いずれも著名な観光地となっている。なお、2007年に尾瀬国立公園として分割した尾瀬地区は只見(ただみ)川上流の水源地に位置し、燧ヶ岳(ひうちがだけ)を映す尾瀬沼、その西に尾瀬ヶ原があってミズバショウ、ホロムイソウ、モウセンゴケなどの湿地植物が独得の景観を展開する。[平山光衛]
『森田敏隆写真『日本の大自然19 日光国立公園』(1994・毎日新聞社) ▽青山忠道写真・文『光と花の日光――日光国立公園の自然』(2005・下野新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっこう‐こくりつこうえん ニックヮウコクリツコウヱン【日光国立公園】
栃木県北部から群馬・福島・新潟各県にまたがる国立公園。昭和九年(一九三四)日光地区と尾瀬地区とを指定、同二五年鬼怒川・塩原・那須地区を追加。男体山・那須岳などの火山、中禅寺湖・尾瀬沼などの湖沼、戦場ケ原・尾瀬ケ原などの湿原、塩原・鬼怒川・日光湯元・奥鬼怒などの温泉や華厳滝など自然の景観にめぐまれ、それに東照宮・二荒山神社などの由緒ある社寺が加わって観光資源の密度が濃い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日光国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日光国立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.