Rakuten infoseek

辞書

旗艦【きかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旗艦
きかん
flagship
艦隊または戦隊の司令長官または司令官が座乗し,司令部が設置される軍艦指揮官の階級を示す旗章を掲げるところからこの名がある。ただし,小型で編成される駆逐隊などの場合は,司令の座乗する軍艦は司令駆逐艦などといい,旗艦とは呼ばない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐かん【旗艦】
艦隊の司令長官・司令官が乗って指揮をとる軍艦。マストにその司令官の階級に応じた旗を掲げる。フラッグシップ。
(自社製品中の)最高級品。また、系列店中の主力店。本店。フラッグシップ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きかん【旗艦】
艦隊の司令官・司令長官が乗っていて、艦隊の指揮をとる軍艦。マストに司令官・司令長官の官階を示す旗を掲げる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

旗艦
きかん
flagship
艦隊または戦隊の指揮官が幕僚とともに乗船する軍艦。階級を表す将旗によってその所在が示される。指揮・情報管理の中枢艦となるため、必要な設備を強化しているのが通例。近代海戦は、艦艇が各個に相手艦と戦う海上の白兵戦から、艦隊を一つの指揮の下に統制しつつ戦闘する方向へ転じたため、旗艦の任務は重要になった。第二次世界大戦までは快速の巡洋艦・戦艦がその任務にあたったが、最近の旗艦には電子戦に対応できる指揮・統制・通信・コンピュータシステム(C4Iシステム)を駆使できる艦が選ばれるようになった。世界最大のアメリカ第7艦隊は指揮中継艦ブルーリッジを旗艦とし、横須賀に母港を置いている。[前田哲男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐かん【旗艦】
〘名〙 (マストに指揮官の官階相当の旗をかかげるところから) 艦隊の司令長官・司令官と幕僚の乗っている船。
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉波濤「突然艦長は旗艦(キカン)より帰りぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旗艦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旗艦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.