Rakuten infoseek

辞書

旗国法【きこくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旗国法
きこくほう
law of flag; loi du pavillon
船舶や航空機が所属する国の法律船舶や航空機はいずれかの国で登録されなければならず,その登録国に国籍があるものとされ,その国籍は国旗によって舶のマストや航空機のに表示される。旗国法は船舶や航空機に関する渉外的法律関係の準拠法として国際私法上重要であり,それを適用する考え方を旗国主義という。日本の法例には明文の規定はないが,判例学説で承認されている。公海における海難救助成否効力,公海を航行中の船舶内で生じた不法行為の成否や効力のように,法律のない地域で生じた船舶や航空機をめぐる法律問題の準拠法として旗国法が援用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きこくほう【旗国法 law of flag】
船舶をめぐる国際的な法律問題に関する用語で,船舶が所属する国の法律をいう。国際的に運航される船舶には国旗掲揚義務があり,国旗掲揚によってその船の所属する国つまり国籍を示すべきこととされる。他方,ある国の国旗を掲げることのできる権利は,その船がその国の登録を受けその国から船舶国籍証明書を交付されることによって生ずるので,船の掲げる国旗はその船の登録国を示す,ということができる。さらに日本の場合,登録できるのは日本船舶に限られ,日本船舶とは概してその所有者が日本人である船をいうため,船の掲げる国旗はその所有者の国籍をも表すことになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きこく‐ほう ‥ハフ【旗国法】
〘名〙 船舶が所属する国の法律。船舶の本国法。国際私法上、海商関係の問題について準拠法として選ばれることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きこく‐ほう〔‐ハフ〕【旗国法】
船舶の所属国の法律。船舶の本国法。国旗法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旗国法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旗国法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.