Rakuten infoseek

辞書

旗国主義【キコクシュギ】

デジタル大辞泉

きこく‐しゅぎ【旗国主義】
公海公空にある船舶航空機は、その旗国管轄に属するという国際法上の原則

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きこくしゅぎ【旗国主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きこくしゅぎ【旗国主義】
公海・公空にある船舶や航空機は、その旗国が管轄権を有するという原則。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

旗国主義
きこくしゅぎ
船舶や航空機は、いずれかの国に登録され所属し、その国の国籍をもち、その旗のもとに行動する。船舶や航空機の所属する国を旗国という。船舶や航空機が、たとえば公海または公空などいずれの国の管轄権のもとにもない場所において行動する場合には、原則としてその所属する旗国の管轄権のもとに置かれている。この法律上の原則を旗国法主義または旗国主義という。海域や空域において行われた、ある種の不法行為、たとえば海洋汚染については、事情により旗国のほかに、沿岸国や入港国が取締り、執行措置の管轄権を競合してもつことがある。また航空犯罪については、航空機の登録国のほかに、犯罪人の国籍国や着陸国が逮捕し、処罰等の管轄権を競合してもつことがある。このような不法行為の取締り、処罰の管轄権が競合する場合に、事情によっては、旗国の管轄権が、不法行為の場所、不法行為者の所在地の属地管轄権に優先すべきであるとする法的立場を旗国主義ということもある。[中村 洸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きこく‐しゅぎ【旗国主義】
〘名〙 公海にある自然人、船舶、航空機には、自国(旗国)の法の支配しか及ばないという国際法上の原則。→旗国

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旗国主義
きこくしゅぎ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旗国主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旗国主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.