Rakuten infoseek

辞書

旋頭歌【せどうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旋頭歌
せどうか
古代の歌謡,和歌の一形式。5・7・7・5・7・7音を基本とする。記紀歌謡に4首,『万葉集』に 62首収録されているが,『万葉集』も中期頃までのものがほとんどであり,それ以後はごくまれで,歌体としての生命は尽きたとみられる。それは,この歌体が歌謡の世界に生れ,歌謡独自のかけあい的対立様式を濃厚にもっており,そのため短歌のように個人の抒情詩へ転換することが困難であったためと考えられる。従来,旋頭歌は片歌問答が発達し自問自答の形をとるようになって成立したとみられていたが,独立の片歌の存在の見出しがたい点から,逆に頭歌や短歌の上句もしくは下句の独立したものが片歌であるとする説が有力である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せどう‐か【旋頭歌】
《頭を旋(めぐ)らすで、下3句が上3句と同じ句形を反復するところから》和歌一体。五・七・七・五・七・七の6句を定型とする歌。片歌(かたうた)唱和から起こったといわれ記紀万葉集などにみえる。双本歌(そうほんか)。双本(ひたもと)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せんどう‐か【旋頭歌】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せどうか【旋頭歌】
長歌,短歌などとともに和歌の歌体の一種で,5・7・7・5・7・7の6句からなる。旋頭歌の〈旋〉は〈めぐる〉の意である。つまり頭句にめぐる,かえるの意で,くり返しうたう歌の意の名義と解される。《歌経標式》では〈双本歌〉と呼んでいる。《万葉集》に62首あってこれが大半であるが,ほかに《古事記》《日本書紀》《古今集》《拾遺集》《千載集》,そして《琴歌譜》などにわずかずつ収められている。もともとは5・7・7の片歌(かたうた)形式による問答,唱和だったと解すべきだろうとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せどうか【旋頭歌】
和歌の一体。五七七五七七の六句から成る歌。記紀・万葉などに見える。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せんどうか【旋頭歌】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

旋頭歌
せどうか
(こうべ)を旋(めぐ)らす歌、あるいは、頭に旋る歌、の意か。五七七、五七七の六句形式の歌の称。「新治筑波(にいはりつくは)を過ぎて幾夜(いくよ)か寝つる」(倭建命(やまとたけるのみこと))「かがなべて夜(よ)には九夜(ここのよ)日には十日を」(御火焼(みひたき)の老人(おきな))のやりとり(『古事記』)のように、五七七を繰り返すことから「旋頭」と称したと考えられる。この形式の成立をめぐっては、五七七の片歌(かたうた)を2人によって問答したのが後に1人の作者によってつくられるようになった、という片歌問答起源説が有力である。しかし、片歌は、独立的な歌の形式ではなく、組歌のなかで、一定の特別なありようにおいて三句形式が音楽的に現出するところをそうよんだものとみられる。片歌問答は、その片歌を音楽性を離れて独立化して利用したのであり、旋頭歌の源とはいえない。
 旋頭歌は、『万葉集』中の存在状況として、作者分明のものでは柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)以前にはみず、「住吉(すみのえ)の小田(をだ)を刈らす子奴(やつこ)かも無き 奴あれど妹(いも)が御(み)ためと私田(わたくしだ)刈る」(巻7)をはじめとして『人麻呂歌集』に過半数が集中するという偏在からも、一般的な歌謡形式とは認めがたい。三句プラス三句という二段構造を強く保持していて、唱(うた)われる形であることは確かであるが、それは唱和の形式(とくに短歌を本末で唱和する形)を利用したものとして考えられる。その成立には人麻呂の関与が大きいと思われる。[神野志隆光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せどう‐か【旋頭歌】
〘名〙 和歌の歌体の一つ。五・七・七・五・七・七の六句からなる。本来は民謡の場で、五・七・七形式の片歌が二人によって唱和されていたものが、後に一人によって歌われるようになって成立した歌体。従って内容も民謡的色彩の濃いものが多く、和歌が口唱性を捨てて個人の文学として確立していくにつれて衰えていった。「古事記」「日本書紀」に各二首、「万葉集」に六三首、「琴歌譜」に一首、「古今集」「拾遺集」に各四首。なお、古代歌学ではこの歌体を「双本(ひたもと・そうほん)」「混本(こんぽん)」などと称する。旋頭。せんどう。せんどうか。
※万葉(8C後)七・一二六七・題詞「就所発思 旋頭歌」
[補注](1)語源に関しては、ふつう、頭(上三句)を旋(めぐ)らす(繰り返す)歌の意とされているが、異説もある。仮に「頭を旋らす」であるとすれば、片歌による問答では頭を旋らすことにはならないし、つぎつぎと幾度も継承されてはじめて「旋頭」の意が生きるところからも、中国の聯句詩を念頭において命名したと考えられる。
(2)本来、口誦の掛け合いであったものが記載文芸に取り挙げられたのは人麻呂の時代であったが、三句に区切れを含む形式が叙情文学になじまなかったため、奈良時代以降急速に衰退したとされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せんどう‐か【旋頭歌】
※古今六帖(976‐987頃)四「せんとう哥 十七首」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旋頭歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旋頭歌の関連情報

他サービスで検索

「旋頭歌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.