Rakuten infoseek

辞書

旋光性【せんこうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旋光性
せんこうせい
optical activity
直線偏光をもつ光がある種の物質中を通るとき,その偏光面が回転することがある。このような物質は旋光性をもつ,あるいは光学的に活性であるという。偏光面の回転方向が光の進行方向からみて右回り左回りかによって,右旋性左旋性という。水晶には右旋性,左旋性の両方があり,ショ糖水溶液は右旋性,果糖水溶液は左旋性である。偏光面の回転角は旋光性物質の長さに比例し,溶液では濃度にも比例する。また用いる光の波長によっても変化する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんこう‐せい〔センクワウ‐〕【旋光性】
ある種の物質に直線偏光を通過させたとき、物質がその偏光面を左右いずれかに回転させる性質。右回転を右旋性、左回転を左旋性という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんこうせい【旋光性 optical rotation】
光学活性の一種で,ある種の物質(旋光性物質)が,その中を通過する直線偏光の偏光面を回転させる性質をいう。他の光学活性の一つである円偏光二色性クラマース=クローニヒの関係(クラマースの法則)で密接に関係づけられ,両者は互いに裏腹の関係にあるので,旋光性を光学活性と同義に用いることもある。進む光に向かって観測するとき,直線偏光の偏光面が旋光性物質(光学活性物質ともいう)を通過後に,右(時計の針の回る方向)に回る場合を右旋性dextrorotatory,左に回る場合を左旋性levorotatoryという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんこうせい【旋光性】
ある物質内を直線偏光が通過する間に、その偏光面を右または左に回転させる物質の性質。右に回転させるものを右旋性、左に回転させるものを左旋性という。水晶や砂糖の水溶液などに見られる。自然界ではタンパク質は左旋性、核酸は右旋性のものだけが存在する。 → 偏光

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

旋光性
せんこうせい
optical rotatory power
物質に直線偏光を入射したとき、物質がその光を左右いずれかに回転させる現象。このような性質をもつ物質を旋光性物質といい、組成が同じでも構造が異なる物質であることから、光学異性体または光学活性体ともいう。代表的な例は酒石酸である。
 旋光性を測定するには旋光計(偏光計ともいう)を用いる。光源の後ろに偏光子を置き、直線偏光にする。これを試料に照射すると、物質によってはこの偏光成分が回転するために、出射光が暗く見える。しかし、測定者の側にある偏光子を左右いずれかに回転すると明るくなる。この回転角度をα(アルファ)とする、ただし、αは測定者から見て右回り(右旋性)のとき+、左回り(左旋性)のとき-とする。
 旋光性を示す物質には糖類、塩素酸カリウム、一部の錯化合物などがある。+の旋光をd、-の旋光をlで表し、また絶対配置を示すdlに対応させてD-、L-が用いられる。はアラニンの光学異性を示す。[下沢 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんこう‐せい センクヮウ‥【旋光性】
〘名〙 固体、液体、気体あるいは溶液の状態でその中を通りぬける光の偏光面を右あるいは左に回転させる性質をいう。蔗糖、酒石酸、水晶などに見られる。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

旋光性
センコウセイ
optical rotatory power

直線偏光の偏光面を回転させる性質,光学活性の一種.光のくる方向に向かって時計の針の方向に回転させるものを右旋性,反対のものを左旋性といい,それぞれdまたは+,lまたは-で表す.直線偏光を左右の円偏光に分解して考えるとき,左右の円偏光に対して屈折率が異なるとき旋光性が現れる.微視的には,旋光性物質には立体的な異性体があり,異性体どうしは鏡像関係にあり,回転させても重なり合わない.このような物質による旋光を,磁場をかけたときにファラデー効果で現れる磁気旋光と区別して自然旋光ということもある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旋光性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旋光性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.