Rakuten infoseek

辞書

方角【ホウガク】

デジタル大辞泉

ほう‐がく〔ハウ‐〕【方角】
ある地点をもとにして、東西南北で表した方向。「北の方角
吉凶にかかわる方位。「方角が悪い」
そのもののある方向。「火事は家の方角だ」
考え方の方向。見当。「違った方角から考えてみる」
事をする方法。やり方。てだて。「和解させる方角が立たない」
方向用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうがく【方角】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうがく【方角】
方位ほうい。 「南の-」
方向。進路。向き。 「駅の-に向かって歩き出す」
手段。方法。てだて。 「和なだめる-もなく無言で聞流してゐた/社会百面相 魯庵
[句項目] 方角が付く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐がく ハウ‥【方角】
〘名〙
※中右記‐大治二年(1127)三月二〇日「同明経道勘文、焼亡之後記注文、方角丈尺勘文、神宝焼失等文、合六通也」
※浮世草子・好色一代女(1686)五「長町の西かは、ひがし北南その方角(ハウガク)に奉公せし蓮葉女」
② その人やものが向かっている、または、進んでいる方向。進路。むき。
※発心集(1216頃か)二「さて方角(ハウカク)にをびも無て隠れ居たりける程に」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「手水にいかふ。コリャまっくらで方角(ホウガク)がしれぬ」
③ 施すべき手段。なす方法。てだて。すべ。
※大乗院寺社雑事記‐文明一四年(1482)四月三日「旁以寺家之成敗方角之間」
④ 物の見方の方向。考え方の傾向。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「只『もう一度其様(そん)な身になってみたい』とばかり。とんと方角が違ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

方角の関連情報

他サービスで検索

「方角」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.