Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

方向【ホウコウ】

デジタル大辞泉

ほう‐こう〔ハウカウ〕【方向】
物が向いたり、進んだりする方。向き。方角。「北の方向を指す」「右の方向から風が吹く」「進行方向
気持ちや行動の向かうところ。めざすところ。方針。「将来の方向を決める」「妥協の方向で話し合いがまとまる」
[用法]方向・方角――「県庁の方向(方角)に火の手が上がった」のように、向きの意では相通じて用いる。◇「方向」は上下左右などに向いたり進んだりする向きで、特に東西南北を基準にはしない。「右の方向へハンドルを切れ」「方向転換」「x軸の負の方向」◇「方角」はある地点を基準にした東西南北の向き。「艮(うしとら)の方角を鬼門という」◇類似の語の「方位」は東西南北を基準として位置づけた向きの意で、専門用語として多く用いる。「羅針盤で方位を確かめる」「方位計」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうこう【方向】
むき。方角。 -を誤る
進むべき道。進路。方針。めあて。 研究の-が決まる 和解の-で話がまとまる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐こう ハウカウ【方向】
〘名〙
① 向いたり、進んだりする方。むき。〔布令字弁(1868‐72)〕 〔紅楼夢‐三九回〕
② めあてとする物事。方針。
※太政官第二一四号‐明治五年(1872)八月二日(法令全書)「人其方向を誤り学問は士人以上の事とし」
③ 志の向かうところ。身の振り方。〔新令字解(1868)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方向」の用語解説はコトバンクが提供しています。

方向の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.