Rakuten infoseek

辞書

【しん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しん
群馬県中南部,高崎市東部の飛び地で,町域。利根川の支流烏川神流川の合流地点にある。東で埼玉県に接する。 1889年町制。 2006年高崎市に編入中山道宿場町として発達。 1877年に官営の絹糸紡績所が設立されて以来,商工業の町として発展。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


しん
王莽」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あら【新】
[接頭]名詞に付いて、新しい、という意を表す。「所帯」「盆」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さら【新/更】
[名]まだ一度も使っていないこと。新しいこと。また、そのもの。「―のゆかた」
[接頭]名詞に付いて、そのものが新しいことを表す。「―」「―地」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【新】
[名]
新しいもの。新しいこと。「と旧との交替」⇔
新暦」の略。「の正月」⇔
新株」の略。
新銀」の略。
「―でたった二百目ばかり」〈浄・油地獄
新造」の略。
「これ―や、どこへいってゐる」〈洒・遊子方言
[接頭]名詞に付いて、新しいという意を表す。「芽」「じゃが」「一年生」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【新】[中国の国名]
中国の国名。西暦8年、王莽(おうもう)前漢を滅ぼして建国。都は長安。「周礼(しゅらい)」にもとづく復古政策をとったが失敗。23年、後漢劉秀光武帝)に滅ぼされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【新】[漢字項目]
[音]シン(呉)(漢) [訓]あたらしい あらた にい さら
学習漢字]2年
〈シン〉
あたらしい。「新案新鋭新刊新旧新興新参新人新設新雪新鮮新築新任新聞最新斬新(ざんしん)生新清新
あたらしくする。「一新改新革新更新刷新
〈にい〉「新妻新盆
[名のり]あきら・あら・すすむ・ちか・はじめ・よし・わか
[難読]新羅(しらぎ)・新嘉坡(シンガポール)・新発意(しんぼち)・新西蘭(ニュージーランド)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にい〔にひ〕【新】
[語素]名詞の上に付いて、初めての、新鮮な、初々しい、などの意を表す。「―妻」「―

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しん【新 Xīn】
中国,王莽(おうもう)が前漢王朝を簒奪してたてた王朝。8‐23年。外戚で大馬の王莽は紀元5年(元始5)に平帝を毒殺して仮皇帝を名のり,8年に真天子の位につき,国号を新と称して王朝を創始した。儒教の熱心な信奉者であった王莽は,即位すると儒教主義による中央集権的理想国家の建設を目ざして種々の改革に着手した。なかでも注目されるのは,土地制度の改革をふくむ社会政策である。 前漢の後半期に顕著となる大土地所有の進行は,大きな社会的・政治的問題となって解決を迫られていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あら【新】
( 接頭 )
名詞に付いて、新しいものである意を表す。 「 -手」 「 -所帯じよたい」 「 -湯」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【新】
[1] ( 名 )
新しいこと。新しいもの。 ⇔ 「 -と旧との対立」
作物などの今年とれたもの。 「これは-のタマネギだ」
「新暦」の略。現行の太陽暦であるグレゴリオ暦のこと。 ⇔ 「 -の正月」
議会議員の候補者で、過去に一度もその職についたことがないことを表す。 「無所属-」 →
( 接頭 )
名詞に付いて、「新しい」の意を添える。 「 -芽」 「 -じゃが」 「 -代議士」 「 -一年生」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【新】
中国、前漢を簒奪さんだつした王莽おうもうが建てた王朝(8~23)。急激な復古主義政策により豪族・人民の不満を招き、15年で滅亡した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にい【新】
名詞の上に付き、接頭語的に用いて、新しい、初めての、ういういしい、などの意を表す。 「 -盆」 「 -妻」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あたらし・い【新】
〘形口〙 あたらし 〘形シク〙 できたてであるさま、今までになかったさま、今までとは違ったさまであるのをいう。あらたし。あらた。⇔古い
① 初めてである。ある状態になったばかりである。また以前のものに代わったばかりである。
※古今(905‐914)離別・三七五・詞書「ある人、つかさを賜はりてあたらしき妻(め)につきて、年へて住みける人を捨てて」
② 物事ができたばかり、また、使い始めたばかりである。使い古されていない。
※枕(10C終)四二「削り氷(ひ)にあまづら入れて、あたらしき金鋺(かなまり)に入れたる」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「この家のかたはらに、檜垣(ひがき)といふものあたらしうして」
③ (魚、肉、野菜、また、空気などが)新鮮である。生き生きとしている。濁っていない。
※天理本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「やいやいそのすずきの中にも大きいあたらしをあらふて座敷へだせ」
④ 今までにないような、変わったおもしろい趣向である。奇抜である。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)三「こちの新(アタラ)しひ蛍を飛(とば)してきかせう」
⑤ 今までの物事とは違っている。今までにはなかったものである。現代的、進歩的などの意を含めても用いる。
※天草本伊曾保(1593)大海と野人の事「ワガワザバカリ クルシュウデ ヒトワ シンラウノ ナイカト ウラヤミ、ataraxij(アタラシイ) ミチヲ ショウト スルニヨッテ」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「新しき教育を受けた人を感心さすことは出来まい」
[語誌]上代では「新」の意の形容詞は「あらたし」で、「あたらし」は「惜しい」の意であったが、中古初期頃から、「新」の意も「あたらし」の語形となった。ただ、「惜」の意の「あたらし」とはアクセントに違いがあり、別語と考えられる。
あたらし‐が・る
〘自ラ五(四)〙
あたらし‐さ
〘名〙
あたらし‐み
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あら【新】
[1] 〘語素名詞の上について、新しいものであることを表わす。「あら身」「あら物」「あら手」など。→「あら(荒・粗)」の語誌。
※俳諧・江鮭子(1690)「時々に花も得咲ぬ新畠(アラはたけ)〈之道〉 昼茶わかして雲雀かたむく〈珍碩〉」
[2] 〘名〙
① 新しいもの。新品。
雑俳・続折句袋(1780)「新をしめるも神は手伝ふ」
※門(1910)〈夏目漱石〉九「たかだか新(アラ)の鉄瓶位しか、彼(あ)んな所ぢゃ買へたもんぢゃありません」
② 特に、処女または童貞をいう。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)三「あらは来れども摺(すり)こ木にあらはまれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あら‐た【新】
〘形動〙
① 今までと違って新しいさま。今までにないさま。
※万葉(8C後)一〇・一八八四「冬過ぎて春の来たれば年月は新(あらた)なれども人は古りゆく」
※広本拾玉集(1346)五「敷島ややまとことわざ君が世にあらたになれる恵みをぞ知る」
② (「あらたに」の形で) 改めて行なうさま。物事を新しくするさま。
※謡曲・金札(1384頃)「四海を治めし、おん姿、あらたに見よや、君守る、八百万代の、しるしなれや」
③ 見た目にはっきりとわかるさま。鮮やかで、ありありと見えるさま。
※類従本千里集(894)「雲もなく谷は山さへはれ行けば水の色こそあらた成けれ」
④ (「灼」の字を当てることもある) 効果、結果などが著しいさま。特に神仏の霊験や、善悪の報いが、たちどころにはっきり現われるさま。あらたか。いやちこ。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「初瀬なむ、日の本のうちにはあらたなるしるしあらはし給ふ」
※今昔(1120頃か)二四「昔は此様(かくやう)に下臈医師共の中にも、新たに此(かく)病を治し愈(いや)す者共なむ有ける」
[語誌]「万葉集」等の例で、「新」の意の語根アラタの存在は想定出来るが、「新」字をアラタと訓む確例は「史記孝文本紀延久点」が古く、和文脈では見られない。和文脈におけるアラタは、④の意であるが、これは近世後期にはアラタカとなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらたし【新】
催馬楽(7C後‐8C)新しき年「安良多之支(アラタシキ)年の始めに」 〔観智院本名義抄(1241)〕
[語誌]→「あたらしい(新)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【新】
[1] 〘名〙
① 今までの古いものがあらたまること。また、そのもの。新しいこと。⇔
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「かの浮雲なる者世に出でて言文一致を世人に示せしより、新を好み奇を好むの世の中」
② 官位などに新しくつくこと。新任。また、その人。接頭語のように用いることが多い。
※栄花(1028‐92頃)鳥辺野「この程は新中納言・いづみ式部などにおぼしつきて」
③ できて間もないこと。作られてから長くたっていないこと。また、そのもの。とくに、新米・新茶などをいう。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初編「此中の新酒(シン)は」 〔礼記‐月令〕
④ 「しんぞう(新造)⑤」の略。
※洒落本・遊子方言(1770)更の体「これ新(シン)や、どこへいってゐる。これ新、新」
⑤ 「しんぎん(新銀)」の略。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「爰にはうりためかけのよりかねも有はづ。新でたった弐百匁斗」
⑥ 「しんれき(新暦)」の略。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉一「隣近所の村々が次第に新の年月を迎へるやうにならうとも」
⑦ 「しんかぶ(新株)」の略。
[2] 紀元八年から二三年まで続いた中国の王朝名。前漢を簒奪(さんだつ)した王莽が建てた王朝。都は長安。急激な諸改革による、豪族、人民の不満と、対外政策の失敗から国勢を損ない、わずか一五年で、劉秀(後漢の光武帝)によって滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にい にひ【新】
〘語素〙 名詞の上に付いて、はじめての、新鮮な、ういういしいなどの意を添える。「にい(なめ)」「にい草」「にい枕(まくら)」「にい司(つかさ)」「にい妻」「にい盆」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にいにひし【新】
〘形シク〙 あたらしい。
※書紀(720)神代下(鴨脚本訓)「故別に新(ニヒシキ)(ち)を作りて兄に与ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新の関連情報

他サービスで検索

「新」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.