Rakuten infoseek

辞書

新造【しんぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新造
しんぞう
しんぞ」ともいう。 (1) 嫁入り前の娘,新妻,さらに一般の他家の妻女をいう。 (2) 江戸時代,吉原御職女郎に付添った若い見習いの遊女振袖新造留袖新造番頭新造の3種があった。禿 (かむろ) が成長して 13~14歳になると新造とし,振袖新造という。さらにやや年をとるとを留めて留袖新造となり,この2者は姉女郎左右にはべって遊女としての教育を受けた。番頭新造は,御職女郎にはなれなかった遊女を意味した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐ぞ【新造】
しんぞう(新造)」の音変化。→御新造(ごしんぞ)
「馴染(なじみ)でない―が来て」〈花袋田舎教師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぞう〔‐ザウ〕【新造】
[名](スル)
新しくつくること。また、そのもの。「貨客船を新造する」
武家や富裕な町家の妻女。のち、一般に他人の妻女、特に若妻をいう語。また、広く若い未婚の女性をもいう。しんぞ。→御新造(ごしんぞう)
「なんでも巫子(いちっこ)の―めが、いっちこちらの端に寝たやうすだ」〈滑・膝栗毛・三〉
江戸時代、遊里で、姉女郎の後見つきで、新しくつとめに出た若い遊女。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぞう【新造】
遊郭用語。〈新艘〉とも書き,なまって〈しんぞ〉という。遊女をに見立てたものというが,語源は不明。《あづま物語》(1643)は新しく出た太夫を新造とよんでいるが,後にはかむろ(禿)あがりの,姉女郎の部屋に同居中のものを新造といった。吉原ではかむろが14歳ぐらいになると新造として披露した。このとき歯黒めはするが,まだ振袖を着ていたので〈振袖新造〉といい,姉女郎の名代を勤めたりする見習の遊女であり,修行や人気など時期をみて,袖留をしたうえ部屋を与えて一人前の遊女にした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しんぞ【新造】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんぞ【新造】
しんぞう(新造)
に同じ。 御-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんぞう【新造】
スル
新しくつくること。また、そのもの。
新しく船をつくること。また、その船。新造船。新艘しんぞう高速船を-する
しんぞとも
武家の妻女をいう。
町家の上流商家の妻女をいう。のちには他人の妻、特に、若い妻をいうようになり、さらに未婚の若い女性のことをもいうようになる。 なんでも巫子いちつこの-めがいつちこつちのはしにねたやうすだ/滑稽本・膝栗毛 3
近世、遊里で姉女郎の後見つきで客をとり始めた若い遊女。 ましてや高間すぐれてうつくしく、-引きて千里を行くも遠からず/浮世草子・一代男 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新造
しんぞう
江戸時代の遊女の一階級で、「しんぞ」ともいう。時代や土地によってその対象は一定しない。寛永(かんえい)(1624~44)ごろには新しく店に出た太夫(たゆう)を新造とよんだが、江戸・吉原では禿(かむろ)の年季を終えて姉女郎についたものを新造といった。吉原の新造は遊女見習いで客をとらせず、作法などを修得すると遊女営業を始めさせた。これを「突出(つきだ)し」といって、衣類などに莫大(ばくだい)な費用をかけた。同じ吉原でも下級遊女屋には新造という下級遊女がおり、また上級遊女の身辺を世話する30歳以上の番頭新造がいた。番頭新造の役をする者を大坂では引舟(ひきふね)と称した。
 なお別に、未婚の少女を新造、新妻あるいは姑(しゅうとめ)のいる妻女を御新造(ごしんぞ)とよんだ。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.