Rakuten infoseek

辞書

新谷藩【にいやはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新谷藩
にいやはん
江戸時代,伊予国 (愛媛県) 喜多郡新谷を中心とし各地の飛地を領有した。同国大洲藩加藤氏の支藩,1万石で,元和9 (1623) 年から廃藩置県にいたった。外様,江戸城柳間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

新谷藩
伊予国、新谷(:△愛媛県大洲市▽)に陣屋を置いた外様の小藩。大洲藩より1万石の分知を得て、加藤直泰(なおやす)が立藩。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新谷藩
にいやはん
伊予国(愛媛県)大洲(おおず)藩より分封された外様(とざま)小藩。1623年(元和9)に大洲藩主加藤貞泰(さだやす)の次男直泰(なおやす)が領内で24村1万石を与えられて立藩。喜多(きた)郡上新谷(かみにいや)村(大洲市新谷町)に陣屋を置いた。9代240余年間続いて明治維新に及んだ。1万石は大洲藩の内分で、朱印状は与えられていない。藩領は大洲藩領内に一村ごとに散在し、相給(あいきゅう)の村もあった。藩校は求道軒(きゅうどうけん)といった。陣屋跡は小学校敷地となり、麟鳳閣(りんぽうかく)という遺構が現存する。[伊藤義一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新谷藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新谷藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.