Rakuten infoseek

辞書

新興市場【しんこうしじょう】

知恵蔵

新興市場
取引所の上場基準を緩和し、成長性はあると見られるが実績が十分ではないベンチャー企業などに、株式上場による資金調達の場を提供するために創設された株式市場。業績や株価の変動リスクが大きな中小型成長銘柄で構成されていることから、投資家保護のために定期的な説明会を開催するなど、情報開示義務が強化されている例が多い。東証マザーズ(2008年11月現在、上場198社)、大証ヘラクレス(同173社)、名古屋セントレックス(同32社)、福岡Q‐Board(同10社)、札幌アンビシャス(同11社)の市場がある。
(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

新興市場
設立まもない企業を育てるための市場。東証マザーズ、旧大証ヘラクレス、JQなどがある。赤字でも上場を認める場合があるなど上場基準が緩く、成長性を重視している。2000年ごろのITバブルでは多くの企業が上場し、活況だったが、06年のライブドア事件以降は低調。マザーズは05年に7兆円あった上場企業全体の時価総額が、6分の1の1兆1千億円に落ち込んでいる。
(2010-10-13 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しんこう‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【新興市場】
新興企業向けの株式市場。上場基準は比較的緩やかで、現時点での経営基盤が弱くても、今後の成長が見込める企業であれば上場することができる。
新興国市場」の略。
[補説]1については、東証マザーズジャスダック名証セントレックス福証Q-Board(キューボード)札証アンビシャスなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

新興市場
現在のマーケット規模は小さいものの、発展過程にある企業が取引される市場のこと。ジャスダック、マザーズ、ヘラクレスなどを総称していう。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

新興市場
ジャスダック、東証マザーズ、大証ヘラクレスなどの、現在のマーケット規模は小さいものの、発展過程にある企業が上場している市場のことです。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

新興市場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新興市場の関連情報

他サービスで検索

「新興市場」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.