Rakuten infoseek

辞書

新興俳句【しんこうはいく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新興俳句
しんこうはいく
昭和初期,日野草城らの京大俳句会,水原秋桜子山口誓子らの東大俳句会などが起した俳句新運動。秋桜子の『自然の真と文芸上の真』 (1931) が発端となり,連作俳句,無季俳句などの実践により,反伝統,反『ホトトギス』の運動に高まり,『俳句研究』『旗艦』『京大俳句』『天の川』『馬酔木 (あしび) 』などの句誌が参加して,一大勢力に発展したが,やがて『馬酔木』が脱落する一方,青年俳人らの運動は次第に反戦思想を強め,1940年に始る戦時下の俳句弾圧によって壊滅した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんこう‐はいく【新興俳句】
昭和6年(1931)に興った反ホトトギスの俳句革新運動。水原秋桜子先駆とし、山口誓子日野草城らが参加。連作・無季俳句・反戦的ニヒリズムなど新しい発想・感覚による俳句を主張したが、同15年に始まった俳句弾圧により壊滅した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんこうはいく【新興俳句】
1930年代に反伝統・反《ホトトギス》を旗印に,近代的抒情・感覚の発揚による表現様式の革新と,俳句形式による思想性・社会性の領略とを目ざした俳句近代化運動で,一時期を画した。青年層を中心に展開され3期に区分できる。(1)前期は34年ころまでで,水原秋桜子山口誓子を先導者として抒情の《馬酔木(あしび)》,社会性の《天の川》を中心に連作形式で推進された。秋桜子は甘美な抒情で風景俳句を樹立,31年《馬酔木》に〈自然の真と文芸上の真〉の一文を掲げ《ホトトギス》と決別,門下の高屋窓秋石田波郷らと近代的抒情を鼓吹した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんこうはいく【新興俳句】
1931年(昭和6)、反ホトトギス運動として興った俳句運動。水原秋桜子・山口誓子を先駆とし、日野草城・西東三鬼らが呼応。思想的深まりを帯びるとともに反軍反戦へと進み、形式も無季準定型へと発展したが、40年の俳句弾圧以後壊滅した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新興俳句
しんこうはいく
昭和初期に始まった新俳句運動。1931年(昭和6)、水原秋桜子(しゅうおうし)は主宰誌『馬酔木(あしび)』に批判文「自然の真と文芸上の真」を発表、高浜虚子(きょし)の指導奨励する客観写生が些末(さまつ)な草の芽俳句を生み出しているとして、自然の真という素材を己のうちに溶かし込み、鍛錬加工した文芸上の真を求めようとした。『馬酔木』独立の挙であった。これが若い俳人を刺激し、『馬酔木』に結集、『天の川』『土上(どじょう)』『句と評論』などの俳誌も活発に俳句の近代化を求めた。『馬酔木』には、新素材の拡充と構成的手法によってその句の注目されていた山口誓子(せいし)が加入、ロマン的叙情性豊かな作句をする秋桜子とともに新風の先頭にたった。新運動は連作俳句に積極的に取り組み、金児杜鵑花(とけんか)(『俳句月刊』主幹)によって、「新興俳句」の名称を与えられたが、連作中の個と全、季語の有無が問題となり、無季や超季の容認まで行われるに及んで、秋桜子、誓子は36年ごろよりこの運動から離れた。35年、日野草城(ひのそうじょう)の『旗艦(きかん)』が創刊され、俊秀を集め、『京大俳句』『土上』『句と評論』、新誌『傘火(かさび)』『自鳴鐘(じめいしょう)』などとともに、さまざまの芸術派的、社会派的試みを重ねた。おりしも日中戦争の始まった時期で、想像力による戦火想望俳句も試みられ、厭戦(えんせん)句もつくられた。ついに40年から41年にかけて、『京大俳句』『土上』などの主要メンバーが治安維持法により検挙され、この運動は壊滅に至る。新興俳句運動は、現代俳句の母胎となる画期的な俳句革新運動であり、高度の詩意識による秀作を残した。代表俳人は西東三鬼(さいとうさんき)、高屋窓秋(たかやそうしゅう)、富沢赤黄男(かきお)、渡辺白泉(はくせん)、篠原鳳作(しのはらほうさく)である。[平井照敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんこう‐はいく【新興俳句】
〘名〙 昭和六年(一九三一)の水原秋桜子、山口誓子の「ホトトギス」脱退をきっかけとして全国的に拡大した、俳句の近代化を目標とする俳句運動。さまざまの立場や見解をもった俳人が参加して、俳句の近代化を推進し、その主張は一様ではなかったが、特に無季派が次第に大きな勢力をもち、反戦的傾向に結びついて、同一五年に始まった俳句弾圧の犠牲となり、壊滅していった。主要雑誌に「馬酔木(あしび)」「天の川」「京大俳句」「旗艦」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新興俳句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新興俳句の関連情報

他サービスで検索

「新興俳句」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.