Rakuten infoseek

辞書

新田【しんでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新田
しんでん
江戸時代に新たに開発された田畑や屋敷。狭義には元禄以後のものをいい,それ以前の本田と区別する。洪積台地扇状地,火山裾野,段丘などの水の乏しい地帯や,浅海,湖沼の周辺や大河川の三角州などの低湿地帯が開発の対象とされた。前者では武蔵野,相模原の新田,後者では有明海児島湾紫雲寺潟の干拓新田が代表的なもの。また新田は開拓者や開拓方法の違いによって,切添新田村請新田見立新田,藩士行新田,藩営新田,町人請負新田百姓寄合新田などに分けられる。地域によってはヒラキ,シンビラキ,アラヤシキ,コモリ,カラメなどと呼ばれ,家名などとして現存しているものが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新田
にった
群馬県南東部,太田市西部の旧町域。利根川の北岸,渡良瀬川が形成した扇状地の末端部にある。 1956年木崎町と生品村,綿打村の2村が合体して新田町が発足。 2005年太田市,尾島町,藪塚本町と合体して太田市となった。湧水に恵まれ,開発は古い。中世には新田氏一族の荘園が開かれ,地名もこれに由来する。中心集落の木崎日光例幣使街道宿場町として発展。地下水を利用したビール醸造工場がある。北半部は扇状地面で畑地が多く,キュウリ,トマトなどの促成栽培も行なわれる。南半部は低平な米作地帯で米の生産も多い。肉用牛の飼育も行なわれている。史跡の新田義貞挙兵の伝説地 (生品神社境内) をはじめ,反町館 (そりまちやかた) 跡,江田館跡などの旧跡に富む。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あら‐た【新田】
新しく切り開かれた田。新開墾の田。しんでん。
「昔の道人、あるいは種を蒔き、―をすきしがごとし」〈沙石集・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐でん【新田】
新しく開発した農耕地。特に、江戸時代のものをいう。新開。→本田(ほんでん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にった【新田】
姓氏の一。
清和源氏の一族。平安末期、源義家の孫義重が上野(こうずけ)の新田郡に土着し称したのに始まる。
[補説]「新田」姓の人物
新田次郎(にったじろう)
新田義顕(にったよしあき)
新田義興(にったよしおき)
新田義貞(にったよしさだ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんでん【新田】
荒野などを開墾してできた新しい田地隠田が領主に申告されていない田地であるのに対して,新田は検注によって領主に把握されている田地である。そして必ずしも新規の開墾地だけでなく,大検注の年に〈年不(ねんふ)〉(その年作付けされていない耕地)だった田地が,新田とされる場合もあった。領主の掌握地とはいっても,本田が領主の年貢・公事賦課の基本的な対象耕地であるのに対し,新田はまだ本田に組み込まれていないので,年貢額もきわめて低いのが通例であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あらた【新田】
新しく開墾された田。しんでん。 「池の中納言頼盛卿の山庄、-まで御らんぜらる/平家 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんでん【新田】
新たに開いた田地。
江戸時代、荒れ地や沼沢などを開発して新しく作った田地・畑地・屋敷地などの称。新開。 ⇔ 本田 〔江戸時代より前は墾田と称した〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にった【新田】
姓氏の一。清和源氏、源義家の子義国が下野しもつけに下り、その子義重が上野こうずけ国新田荘を開発、新田太郎と称するのに始まる。南北朝期、義貞の戦死により衰える。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔三重県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔兵庫県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔千葉県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔宮城県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔山口県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔岩手県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福岡県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福島県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔青森県〕新田(しんでん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新田
にった
群馬県南東部、新田郡にあった旧町名(新田町(まち))。現在は太田市の西部を占める地区。1956年(昭和31)木崎(きざき)町と生品(いくしな)、綿打(わたうち)の2村が合併して新田町が成立。2005年(平成17)太田市に合併。東武鉄道伊勢崎(いせさき)線が通じる。地域の北部は大間々(おおまま)扇状地で桑畑などの畑作地が広く、南部の大部分は低平な水田地帯である。扇端湧泉(ゆうせん)地帯は標高55メートルで、小金井(こがねい)、市野井(いちのい)、金井(かねい)など「井」のつく集落が分布する。中世新田氏の荘園(しょうえん)として開墾が進み、新田義貞(よしさだ)の挙兵地といわれ、ゆかりの生品神社、反町館(そりまちやかた)跡などの史跡に富む。荘園に関する遺跡は2000年にまとめて「新田荘遺跡」として国の史跡に指定された。旧町域の中心集落の木崎は宿場から発展した小市街地で、買い物町のほかビール工場があり、扇状地では野菜の促成栽培や畜産が行われる。市野倉(いちのくら)開拓地は軍の旧飛行場跡。[村木定雄]
『『新田町誌』全5巻(1983~1990・新田町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐た【新田】
〘名〙 新たに開墾した田。新しい田。
※六家集本山家集(12C後)上「真菅おふるあら田に水をまかすればうれしがほにもなく蛙哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐でん【新田】
[1] 〘名〙
① 新たに開発した農地。特に、中古以前の墾田(こんでん)に対して江戸時代のものをいう。新開の土地。
東寺百合文書‐り・元応二年(1320)八月一五日・小野末国山城拝師庄沙汰人職請文「拝師庄内新田興行事」
浮世草子日本永代蔵(1688)三「新田に申請て十年は無年貢」
② (「じんでん」とも) 江戸時代、浄瑠璃社会などで、男また、夫をいう。〔洒落本・虚実柳巷方言(1794)〕
③ 処女。
※浄瑠璃・万戸将軍唐日記(1747)四「其餓鬼を作る様に新田(シンデン)を開いたもあいつが鍬先き」
④ 江戸時代のタバコの銘の一つ。上等品に属した。
※歌舞伎・戻橋脊御摂(1813)六立「わっちが煙草、三十二だがのむがいい。〈略〉新田や菊煙草のやうに、和らかにゃアいきやせん」
[2] 栃木県小山市の地名。江戸時代は、奥州街道小山と小金井の間にあった宿駅

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にった【新田】
[一] 群馬県南東部の郡。大間々扇状地の南端から利根川北岸一帯を占める。古くは「にふた」とも訓。
[二] 「にったじんじゃ(新田神社)(一)」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新田の関連情報

他サービスで検索

「新田」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.