Rakuten infoseek

辞書

新甘味料【しんかんみりょう】

食の医学館

しんかんみりょう【新甘味料】
 甘い調味料といえば、砂糖を筆頭に、はちみつ、みりんが代表格。しかし最近では、これらにかわる新しい甘味料も登場してきました。そのなかでもポピュラーなのが、オリゴ糖でしょう。厳密にいうと、オリゴ糖とは単糖類が2個から20個、結合したものをさし、そのなかには砂糖の主成分である蔗糖(しょとう)も含まれます。
 ただ、商品として出回っているオリゴ糖の主成分は、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ダイズオリゴ糖など、人の消化酵素で消化されずに大腸へ届き、腸内有用菌の養分になるものです。
 これらのオリゴ糖を摂取すると、腸内の有用菌の増殖がすすんで、おなかの調子をととのえるのに役立つとともに、ビタミン合成を促進したり、免疫を強化するなどの効果を発揮します。
 一方、シュガーレス甘味料の名前で多く出回っているのが、ソルビトールやマルチトール、キシリトールなど。これらは糖アルコールという物質で、消化吸収されにくいため、砂糖などよりエネルギーが低く、肥満防止に効果的です。また、血糖値を上昇させないので、糖尿病の人でも利用できるという利点があります。
 さらに、むし歯菌が利用できないことから、むし歯防止にも有効。とくに、キシリトールはむし歯菌の活性を弱める働きがある甘味料として、最近高い注目を集めています。
 このほか、キク科の植物ステビアから抽出されるステビオサイド、マメ科の植物カンゾウから抽出されるグリチルリチン、人工甘味料のアスパルテームやサッカリンなどが、加工食品の甘味づけに広く利用されています。これらは非糖質の甘味料で、エネルギーはほとんどありません。
 オリゴ糖や糖アルコールはじょうずに利用すれば、健康の維持、向上に有効です。ただ、とりすぎるとおなかがゆるくなることがあるので、使用量に注意しましょう。
 また、人工甘味料は食品添加物なので、エネルギーがほとんどないとはいえ、多量の摂取は好ましくありません。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

新甘味料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新甘味料の関連情報

他サービスで検索

「新甘味料」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.