Rakuten infoseek

辞書

新潟茶豆

デジタル大辞泉プラス

新潟茶豆
新潟市小平方地区を中心とする新潟県内で栽培される茶豆。地域団体商標

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

新潟茶豆[豆類]
にいがたちゃまめ
北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
新潟県産の茶豆。特に新潟市や西蒲原郡弥彦村で多く栽培されている。莢の毛色は茶色で、豆の薄皮の色はうす茶色。独特の香りと旨みがある。茶豆は熟すと旨み成分のアミノ酸や糖が減って味が落ちてしまうため、旨味を最大限引き出すよう実入りが8割程度の若いうちに収穫する。出荷は7月下旬から8月中旬頃。2008(平成20)年2月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5110146号。地域団体商標の権利者は、全国農業協同組合連合会

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新潟茶豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新潟茶豆の関連情報

他サービスで検索

「新潟茶豆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.