Rakuten infoseek

辞書

新歌舞伎【しんかぶき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新歌舞伎
しんかぶき
1907年前後から上演されはじめた座付作者以外の手になる新作歌舞伎をいう。明治初年の演劇改良運動活歴物 (かつれきもの) の上演が刺激となって,明治 20年代から梨園の外にある文学者たちが戯曲を書きはじめたが,松居松翁の『悪源太』 (1899) や,特に坪内逍遙の『桐一葉』 (1904) の上演が端緒となって,以後高安月郊,山崎紫紅,岡鬼太郎,岡本綺堂その他の作家に活躍の道を開いた。2世市川左団次綺堂と結んで『修禅寺物語』 (11) をはじめとして数々の当りをとり,新境地を開拓してからは,6世尾上菊五郎,13世守田勘弥,2世市川猿之助らも積極的に新作に取組み,関東大震災後のプロレタリア演劇台頭まで,新劇を凌駕するほどの勢いを示した。歌舞伎様式を用いながら,新時代の感覚で人間を把握しようとしたところに特色があったが,真山青果の『元禄忠臣蔵』 (34~40) を最後として跡を絶った。第2次世界大戦後のいわゆる新作歌舞伎とは区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

新歌舞伎
明治時代に坪内逍遥らが始めた、新しい歌舞伎劇江戸歌舞伎の演出を尊重しつつ、西欧演の精神を内容に取り入れた。大正時代にピークを迎えた。逍遥の「桐一葉」には、シェークスピアの影響がうかがえる。初期代表作は岡本綺堂の「修禅寺物語」。長谷川時雨吉井勇、岡鬼太郎らの作家も活躍し、2代目市川左團次が上演して新歌舞伎のレールを敷いた。今も人気があるのは綺堂「番町皿屋敷」「鳥辺山心中」や真山青果「元禄忠臣蔵」、長谷川伸「一本刀土俵入」、宇野信夫「巷談宵宮雨」など。戦後は舟橋聖一、北条秀司大佛次郎、三島由紀夫らが名作を書いた。
(山本健一 演劇評論家 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

しん‐かぶき【新歌舞伎】
歌舞伎の一類別で、明治40年(1907)前後から上演されはじめた、劇場部外の文学者の手になる新作歌舞伎。「桐一葉」「修禅寺物語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

新歌舞伎
坪内逍遥の「桐一葉」、岡本綺堂の「修禅寺物語」に見られるような近代的思想、人物像を描いた歌舞伎。真山青果、菊池寛山本有三谷崎潤一郎、大仏次郎らの作品もある。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

しんかぶき【新歌舞伎】
歌舞伎狂言の分類の一つ。江戸から明治までの台本は,幕内狂言作者によって書きおろされていたが,のち明治の演劇改良運動によって刺激された劇場外の作家による戯曲が創り出され,歌舞伎の伝統的表現を踏まえての近代化の動きがはじまる。それ以前の作品を古典と見なし,対照して〈新歌舞伎〉と呼ぶ。 維新後,文明開化の波による歌舞伎批判は,顕官知識によって過度なまで行われ,猥雑低級,なんらの価値なしとする論まで出て改良を迫られ,実説第一主義の〈活(い)きた歴史絵巻〉という主張にもとづく〈活歴物〉や,開化風俗を扱った〈散切(ざんぎり)物〉を生むなど試行錯誤を重ねた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんかぶき【新歌舞伎】
歌舞伎劇の一。明治中期以後、西欧的思想精神を盛り込みつつ、歌舞伎の手法で書かれた劇。「活歴」の非演劇性への反動として興った。坪内逍遥の「桐一葉」、岡本綺堂の「修禅寺物語」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新歌舞伎
しんかぶき
歌舞伎狂言の分類上の一ジャンル。明治以降、日本が近代化していく過程において、歌舞伎劇も旧来の手法をとらない合理的な作品が求められ、従来の狂言作者ではない、局外作家の戯曲が上演されるようになった。[藤田 洋]

明治前期

この前駆として、(1)明治初期の新風俗を取り込んだ散切物(ざんぎりもの)、(2)明治10年代に始まる演劇改良運動がある。散切物は河竹黙阿弥(もくあみ)その他の狂言作者の手になる当時の現代風俗劇だが、手法的には従来の歌舞伎のパターンを踏襲したにとどまった。一方、演劇改良運動の一つとして9世市川団十郎の実践した活歴は、史実尊重・民衆教化の堅苦しさで不評を買い、明治20年代に衰退した。加えて、この両者に筆をとった黙阿弥が1893年(明治26)に世を去ると、狂言作者には後を継ぐべき人もなく、この面でも大きな転換期を迎えた。[藤田 洋]

明治後期

一方、坪内逍遙(しょうよう)は旧歌舞伎の手法を生かした史劇を提唱、その具体化として1894年(明治27)から翌年にかけて『桐一葉(きりひとは)』を発表したが、この作の上演は10年後の1904年であり、舞台に上演された局外者の作品は、1899年の初世市川左団次初演、松居松翁作『悪源太』をもって嚆矢(こうし)とする。こうして明治後期から劇作家による作品が登場するが、それらに共通する特徴は、歌舞伎の伝統的技術を生かして、近代的思想もしくは人間像を表現しようとしたところにあった。この面でとくに注目されるのは2世市川左団次で、岡本綺堂(きどう)との提携による『修禅寺物語』(1911)の成功で新作上演の地位を決定づけた。[藤田 洋]

大正以後

以後、大正から昭和初期にかけて6世尾上菊五郎(おのえきくごろう)、13世守田勘弥(かんや)、2世市川猿之助(猿翁)らが積極的に新作を上演、綺堂のほか榎本虎彦(えのもととらひこ)、池田大伍(だいご)、岡鬼太郎、真山青果(まやませいか)、菊池寛、山本有三、谷崎潤一郎らの優れた作が生まれ、昭和に入っては長谷川伸(はせがわしん)、宇野信夫(のぶお)ら、第二次世界大戦後は舟橋聖一、大仏次郎(おさらぎじろう)、北条秀司(ひでじ)らによる作品が提供された。なお戦後のものは、様式・演出の面から新作歌舞伎として区別することもある。
 一方、市川猿之助は、従来の新作はセリフ劇に偏っていて本来の「歌」「舞」に欠けていると主張して、1986年(昭和61)2月、哲学者梅原猛の新作「ヤマトタケル」を上演してヒットさせ、以後、横内謙介作品とほぼ交互に上演している。[藤田 洋]
『法政大学研究会編『日本芸能史 第7巻』(1990・法政大学出版局) ▽利倉幸一監修『名作歌舞伎全集20 新歌舞伎集1』(1991・東京創元社) ▽利倉幸一監修『名作歌舞伎全集25 新歌舞伎集2』(1992・東京創元社) ▽藤田洋編『歌舞伎ハンドブック』(2000・三省堂) ▽今尾哲也著『歌舞伎の歴史』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新歌舞伎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新歌舞伎の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門李完用複成片麻岩内褶曲青木繁カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.