Rakuten infoseek

辞書

新旧論争【しんきゅうろんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新旧論争
しんきゅうろんそう
querelle des anciens et des modernes
17世紀末から 18世紀初めにかけて,古代文学近代文学優劣をめぐってフランスで行われた論争。「古代派・近代派論争」ともいう。 16世紀中頃以降,古代の権威は絶対であったが,デカルト以後はこれに疑いをいだく者も多く,17世紀末にいたって古代人の優越性に対する反駁が C.ペローによって行われ,ボアローがそれに対抗して大論争が起った。近代派にはフォントネルらが加担,古代派にはラシーヌ,ラ・フォンテーヌラ・ブリュイエールフェヌロンらが加わった。この論争の結果,古典主義は深刻な打撃を受け,古代文学の伝統に代って進歩の観念,および批評の独立と相対主義が導入された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんきゅうろんそう【新旧論争】
17世紀末から18世紀初頭にかけてフランスの文壇で行われた論争。古代近代論争とも呼ばれ,2期に分かれる。前期は1687年ペロー国王頌詩《ルイ大王の世紀》に端を発し,ギリシア・ラテンの古典と当代フランス文学の優劣をめぐって,ペロー,フォントネル等の近代派と,ボアローを中心とするラ・フォンテーヌラ・ブリュイエール等の古代派が対立。94年にアルノーの仲介によって両派が和解する。後期は1713年のホメロス論争で,ウダール・ド・ラ・モットの《イーリアス》仏訳が原典を傷つけるとして,古典学者ダシエ夫人が攻撃し,再び文壇で古代派と近代派が対立。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

新旧論争
しんきゅうろんそう
Querelle des Anciens et des Modernes
17世紀末から18世紀初頭にかけてフランスで行われた文学上の大論争。ルネサンス以来、古代崇拝が一般的な風潮であったが、しだいに目覚めつつあった近代精神がこの風潮に疑問を抱き始めたために生じた論争で、たとえばデマレ・ド・サン・ソルランJean Desmarets de Saint-Sorlin(1595―1676)は自作の劇がウェルギリウスの『アエネイス』に匹敵するものだと主張し、また、フォントネルは古代人を嘲笑(ちょうしょう)した。1687年1月、ペローがその詩『ルイ大王の世紀』で、ルイ14世治下の文学が古代に劣らないと歌うに及んで、ボアロー、ラ・フォンテーヌ、ラ・ブリュイエールとの間に激しく論戦が繰り広げられた。1691年フォントネルのアカデミー入りで、一時近代派は優位にたったが、古代派もすぐに盛り返した。しかし、フェヌロンが『アカデミーへの手紙』(1716刊)を発表し、ようやく両派を和解させた。長期にわたったこの論争は、18世紀の文学と思想の下地をつくったという点において、大きな意義をもつものであった。[窪田般彌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新旧論争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新旧論争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.