Rakuten infoseek

辞書

新撰字鏡【しんせんじきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新撰字鏡
しんせんじきょう
昌住 (しょうじゅう) 撰の 12巻から成る漢和辞書。 10世紀初頭頃の成立。漢字を部首で分類し,その発音,意味,和訓 (万葉がなによる) をつける。その注記は,『玉編』『切韻』『一切経音義』などから多くひき,古代の文献書誌研究,字音研究などの資料となる。また和訓を含む現存最古の辞書で,その数は 3000をこえ,上代語・平安時代初期の国語の研究に欠かせない文献となっている。特に「コ」のかなが甲乙の使い分けを保持している点が目立つ。なお,ほかに3巻から成る抄録本がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんせんじきょう〔シンセンジキヤウ〕【新撰字鏡】
平安時代の漢和字書。12巻。昌住(しょうじゅう)著。昌泰年間(898~901)に成立。漢字2万余字を旁(つくり)などによって160部に分け、字音・字義・和訓を付したもの。現存する最古の漢和字書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんせんじきょう【新撰字鏡】
昌泰年間(898‐901)に昌住(しようじゆう)が著した漢和辞書。全12巻。漢字2万余を,偏(へん),旁(つくり)などにより,160部首に分類して収め,発音や意味をしるし,約3000の和訓もつけてあり,和訓を有する辞書としては現存最古のものである。完本としては天治本があり,またこれと別種の抄録本があるが,天治本も,これに抄録本との校異を加えたものも,ともに複製刊行されている。古代文献の解読,古代国語の研究に不可欠の書である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんせんじきょう【新撰字鏡】
平安時代の漢和字書。昌住著。一二巻。昌泰年間(898~901)に成立。漢字約二万字を部首などによって一六〇部に分け、字音・字義を漢文で注し、万葉仮名で和訓を付す。現存最古の漢和字典。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新撰字鏡
しんせんじきょう
漢和辞書。12巻。昌住(しょうじゅう)撰。892年(寛平4)に草案成立後、さらに加筆して昌泰(しょうたい)年間(898~901)に現存の12巻に増補改編された。部首別に漢字を掲出して、字音注を施し、漢文で意味を記し、万葉仮名で和訓を付す。漢和辞書としてはわが国最古のものである。部首の配列は、現行とは異なり、天部、日部、月部などという中国の類書などと同じである。掲出字は約2万1000で、そのうち1万6300余字は偏旁(へんぼう)によって分類し、同じ部首内を四声によって分けている部分もある。和訓が約3700条にみえ、和音も70ほど記されている。奈良時代語のおもかげを伝える語彙(ごい)が多く、上代特殊仮名遣い崩壊後も本書にはコの甲乙2類が保たれている。[沖森卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんせんじきょう ‥ジキャウ【新撰字鏡】
平安前期の漢和辞書。一二巻。昌住著。昌泰年間(八九八‐九〇一)頃の成立。完本と抄録本とがある。漢字約二万一三〇〇を偏・旁などによって分類・排列し、字音・意義・和訓を記したもの。現存する日本最古の漢和辞書として資料価値が高い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰字鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新撰字鏡の関連情報

他サービスで検索

「新撰字鏡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.