Rakuten infoseek

辞書

新天師道【しんてんしどう】

旺文社世界史事典 三訂版

新天師道
しんてんしどう
423年,北魏寇謙之 (こうけんし) が開いた道教の一派
道教の神,太上老君の神示を受けて新天師の位を得たという寇謙之が,仏教教理にならって五斗米道を整理・体系化したもので,太武帝により国教とされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新天師道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新天師道の関連情報

関連キーワード

エウラリウス会計監査人ホノリウス競業避止義務クラティノスホノリウス会計参与債権者代位権フラウィウス ホノリウスホノリウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.