Rakuten infoseek

辞書

新儀式【しんぎしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新儀式
しんぎしき
朝廷の儀式について記した書。村上天皇が撰した『清涼記』と同書異名という。巻数は5とも,6巻ともいう。巻4と巻5のみ現存する。応和3 (963) 年以後の成立。『群書類従』に所収

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぎしき【新儀式】
平安前期の宮廷儀式書。撰者不詳。村上天皇朝の成立。《江次第抄》には,延喜の儀式が古例となったので,天暦に至って《新儀式》を撰び当世のを用いたとみえる。全6巻のうち巻四と巻五の2巻(臨時行事)しか現存しないが,諸書所引の逸文により巻一~三は恒例年中行事,巻六は臨時大儀の規定部分と推定しうる。村上天皇撰の《清涼記》および天暦の《蔵人式》と本書とは似している。《群書類従》所収。逸文は《国書逸文》に載せる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

新儀式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新儀式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.