Rakuten infoseek

辞書

新ロマン主義【しんロマンしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新ロマン主義
しんロマンしゅぎ
Neuromantik
20世紀初めドイツに興った文学的傾向。自然主義の克服として現れ,象徴主義のうちのロマン派の伝統を生かそうと試みた。その行き方は個々の作家により多様である。ニーチェ,ワーグナー,フロイトの影響を強く受け,『沈鐘』 (1896) 以後の G.ハウプトマン,ホーフマンスタール,リルケ,シュニッツラー,ダウテンダイらが代表的な作家である。また郷土文学を志したものもあり,ヘッセ,L.トーマらを含めることもある。ホーフマンスタールの影響でウィーンで盛んになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐ロマンしゅぎ【新ロマン主義】
19世紀末から20世紀初頭、自然主義写実主義に対抗してドイツ・オーストリアを中心に興った文芸思潮芸術至上主義的・耽美主義的・神秘主義的傾向を帯び、主体的・内発的な心情の復権を唱えた。メーテルリンクホフマンスタールゲオルゲリルケらがその代表。日本では明治末期から大正初期にかけての、北原白秋木下杢太郎(きのしたもくたろう)吉井勇永井荷風谷崎潤一郎らの耽美主義的傾向をさす。新浪漫主義。ネオ‐ロマンチシズム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんロマンしゅぎ【新ロマン主義】
一九世紀末から二〇世紀初頭に、ドイツを中心としてヨーロッパでおこった写実主義・自然主義に対抗する文芸上の思潮。主体的で内発的な心情の復権を唱え、理想主義・耽美主義・悪魔主義などの形をとった。ハウプトマン・ゲオルゲ・ホーフマンスタール・ニーチェ・リルケなど。日本では「パンの会」時代の北原白秋・永井荷風・谷崎潤一郎らをさすことがある。ネオロマンチシズム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ロマンしゅぎ【新ロマン主義】
〘名〙 (Neoromantik の訳語) 一九世紀末から二〇世紀初頭にかけてドイツを中心におこった文芸思潮。自然主義に反抗し、主体的、内発的な心情の復権を主張するのが特色。抒情的象徴主義的傾向をもち、ニーチェの批評、ハウプトマン、ホフマンスタール、デーメル、リルケ、ゲオルゲなどに代表される。日本では、明治四〇年代からの反自然主義的な文学思潮、特に「スバル」創刊頃から大正四、五年頃までの、北原白秋・木下杢太郎・永井荷風・谷崎潤一郎らによる耽美派を呼ぶことがある。新ロマンチシズム。ネオ‐ロマンティシズム。〔現代新語辞典(1919)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新ロマン主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新ロマン主義の関連情報

他サービスで検索

「新ロマン主義」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.