Rakuten infoseek

辞書

【ダン】

デジタル大辞泉

だん【断】
決定すること。決断。「最終的にを下す」「経営陣にを迫る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だん【断〔斷〕】[漢字項目]
[音]ダン(呉) [訓]たつ ことわる
学習漢字]5年
たち切る。切り分ける。「断裁断頭断髪断片断面横断遮断縦断寸断切断分断
とぎれる。物事をやめる。「断食(だんじき)断酒断水断絶断続断念間断禁断中断不断
きっぱりと決める。「断案断定英断果断決断処断診断推断速断独断判断予断
思いきって。「断乎(だんこ)断行断然
ことわる。「無断
[名のり]さだ・さだむ・たけし・とう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だん【断】
物を決定すること。また、その決められたこと。 -を下す -を迫る -を仰ぐ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん【断】
〘名〙
① たちきること。また、とぎれること。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「解脱是断」
② はっきりと意志をきめること。また、事をさばいて決定すること。
※ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四五年一二月一一日「究極の断は部外者の手で行われた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だん・じる【断】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「だんずる(断)」の上一段化したもの) =だんずる(断)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だん‐・ず【断】
〘他サ変〙 ⇒だんずる(断)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だん‐・ずる【断】
〘他サ変〙 だん・ず 〘他サ変〙
① 切断する。たつ。特に、煩悩や迷い・現世的快楽などを断ちきる。
※百座法談(1110)三月二四日「われは三界の戒をば断したれど仏の功徳をばさらにえしらず」
② 断定する。決定する。裁断する。さばききめる。
※法華経釈文平安中期点(976頃)「管見を以て容易(たやす)く聖説を断(タム)す可から不」
③ おしきってする。断行する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.