Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

断腸亭日乗【だんちょうていにちじょう】

世界大百科事典 第2版

だんちょうていにちじょう【断腸亭日乗】
永井荷風の日記。1917年9月16日からの前日59年4月29日におよぶ42年間の記録。起筆当時の住居断腸亭〉の名にちなむ命名である。ほぼ起筆当時から自覚的態度によって執筆されている。住いの面からいえば,大久保余丁町から麻布偏奇館への移居罹災,岡山疎開,敗戦熱海から市川定住にいたるものである。簡潔な行動記録の枠組みの中に,季節感をみごとにとらえた叙述があり,世相,風俗,時局についての観察,感想,批判が語られており,漢詩文や江戸文人たちの著作への感想や記録があり,また女たちとの多彩な閲歴を物語る記載も見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

だんちょうていにちじょう〔ダンチヤウテイニチジョウ〕【断腸亭日乗】
永井荷風の日記。大正6年(1917)9月16日から死の前日の昭和34年(1959)4月29日まで書き続けられた日記。「断腸亭」は起筆時に著者が住んでいた家の屋号

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

断腸亭日乗
だんちょうていにちじょう

永井荷風(かふう)の日記。1917年(大正6)9月16日から死の前日59年(昭和34)4月29日に至る42年間の記録。46年3~6月の『新生』掲載の「罹災(りさい)日録」で注目され、その後『中央公論』などに数次発表、また刊行された。起筆当時の住居「断腸亭」にちなむ命名。傍観者的な眼(め)によって、四季の風物、時勢のようす、風俗の推移、女たちとの交渉の顛末(てんまつ)、読書感想などが記されている。記録者の「偏奇」を貫く強烈な個性が、観察のいちいちに沁(し)み透(とお)っている。しかし、45年(昭和20)3月10日東京大空襲・偏奇館(その後の住居)炎上に始まる罹災日記は、一個の特異な文学者の記録であるだけでなく、国民的体験を写し残したものというべきであろう。

[竹盛天雄]

『『永井荷風日記』全七巻(1958~59・東都書房)』『『断腸亭日乗』全七巻(1980~81・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断腸亭日乗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断腸亭日乗の関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦レーニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.