Rakuten infoseek

辞書

断罪【ダンザイ】

デジタル大辞泉

だん‐ざい【断罪】
[名](スル)
罪をさばくこと。罪に対して判決を下すこと。断獄。「責任者を断罪する」
斬首の刑。斬罪。うちくび。
「あはれ―流刑にも行はせばや」〈太平記・二一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんざい【断罪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だんざい【断罪】
スル
罪をさばくこと。罪を処断すること。 悪業の数々を-する
斬首の刑。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐ざい【断罪】
〘名〙
① (「たんざい」とも) 罪をさばくこと。罪を処断すること。断獄。
※令義解(718)獄「凡国断罪応申覆者。太政官量差使人。取強明解法律。分道巡覆見囚
※日葡辞書(1603‐04)「Tanzai(タンザイ)
※婉という女(1960)〈大原富枝〉五「反対派への断罪のあとも、藩府では〈略〉秦山先生の動静を一々報告させていたのであった」 〔晉書‐刑法志〕
② 斬首の罪。うちくび。斬罪。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)一二月二六日「而依彼余族、可断罪之由風聞」
※太平記(14C後)二一「あわれ断罪(ダンザイ)・流刑にも行せばや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.