Rakuten infoseek

辞書

【キン】

デジタル大辞泉

きん【斤】
尺貫法質量単位。1斤はふつう160匁(もんめ)で、約600グラム。商品の包装単位には、慣用的に100匁・120匁・180匁などを1斤とする場合がある。
英斤(えいきん)
食パンの単位。1斤は350~400グラムをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん【斤】[漢字項目]
常用漢字] [音]キン(漢) [訓]おの
おの。「斧斤(ふきん)
重さの単位。約六〇〇グラム。「斤目(きんめ)斤量英斤
[名のり]のり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きん【斤】
尺貫法における質量の単位。中国古来の単位であり,日本でも,分(ぶ),,斤の系列の単位として古くから用いられた。公式には1斤=16両の関係にあったが,計量品目に応じて大きさを異にするようになり,市井の単位の匁に対して,160匁の唐目(からめ)の斤,180匁の大和目(やまとめ)の斤などさまざまな斤があり,また舶来品には1ポンドに近い120匁を斤(英斤)とした。1891年制定の度量衡法により銖,分,両は廃止され,斤だけが160匁=600gとして残されたが,尺貫法の廃止に伴い1959年以降法定単位ではなくなった。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

きん【斤】
目方または重さの単位。普通は、一斤を一六〇匁もんめとし、尺貫法では一斤=一六〇匁=600グラムとした。他に時代・対象品目の違いにより伝統的に行われた標準を異とするものに、大和目(一八〇匁)・大目(二〇〇匁)・白目(二三〇匁)・山目(二五〇匁)があり、また舶来品に対するものは一斤を英国の一ポンド(453.6グラム)にほぼ等しい一二〇匁とした。
食パンの単位。350~400グラムの一塊を一斤とするのが一般的であり、公正競争規約では 340グラム 以上とされている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

きん【斤】
尺貫法の質量の単位。1斤は、約600g。中国古代からの単位で、日本でも大宝令(701年)以前から使われていた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


きん
中国度量衡制の質量の基本的な単位。160銭(匁(もんめ))で600グラムにあたり、唐(618~907)以来変わらず、日本に渡来してからもその大きさを変えていない。中国古代に発生した単位で、前漢のころ確定し、隋(ずい)代に漢代のほぼ3倍になり、以後安定した。唐代に日本にもたらされて大宝律令(たいほうりつりょう)(701)に採用された。このため古くはこの斤は唐目(とうめ)とよばれた。ただ日本では斤の呼称が商品の建値にも使われて、さまざまの大きさの斤が発生した。たとえば、薬屋が使った大和目(やまとめ)という斤は180匁、山椒(さんしょう)用は60匁、茶用は200匁、紅花(べにばな)用は100匁、実つき木綿用は600匁である。なお、明治以後120匁を斤としてパンなどに用いてきたが、これはポンドのことで、正しくは英斤とよぶべきである。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斤の関連情報

他サービスで検索

「斤」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.