Rakuten infoseek

辞書

斜方晶系硫黄【シャホウショウケイイオウ】

化学辞典 第2版

斜方晶系硫黄
シャホウショウケイイオウ
rhombic sulfur

硫黄の同素体のうち,室温での唯一の安定形.α(相)硫黄.天然には,火山地域でしばしば結晶として産出する.硫黄華を二硫化炭素に溶解し,濾液室温で放置すると得られる.黄色の斜方晶系結晶.空間群Fdddに属し,単位格子に16個の S8 分子を含む分子結晶.分子は王冠状の八員環で,S-S0.2046~0.2052 nm.∠S-S-S107.3~109.0°.融点112.8 ℃.密度2.07 g cm-3(20 ℃).水に不溶,エタノール,エーテル,ベンゼン,グリセリンに微溶,塩化硫黄,二硫化炭素に易溶.単斜晶系硫黄との転移温度は95.4 ℃ で互変.溶液中でも室温で S8 環が存在している.硫黄をヨードホルム中から結晶させると,電荷移動錯体CHI3・3S8が針状晶として得られ,このなかでは,すべてのヨウ素原子が S8 環の硫黄に結合している.このほか,斜方晶系のものとしてシクロ十二硫黄がある.[CAS 7704-34-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斜方晶系硫黄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斜方晶系硫黄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.