Rakuten infoseek

辞書

料簡【リョウケン】

デジタル大辞泉

りょう‐けん〔レウ‐〕【料簡/了見/了簡】
[名](スル)
考え。思慮。分別。「悪い―を起こす」
考えをめぐらすこと。
「好く―して前後を考えて見たら」〈紅葉金色夜叉
こらえること。堪忍。
「熊胆が出るや否や帰って仕舞ったと云う事がちゃんと分ったから、書生さん中々―しない」〈福沢福翁自伝
とりはからい。処置。
「このことを語りなばいかなる―もありやせんと思ひ」〈・猿源氏〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐けん レウ‥【料簡・了簡・了見・量リャウ見】
〘名〙 (「料」は、はかる、かんがえるの意。「簡」は、えらぶ、しらべるの意)
① (━する) よく考えて、より分けること。考察して検討すること。
※勝鬘経義疏(611)一乗章「本義云。此前料簡仏出
※師郷記‐永享五年(1433)自一一月六日至同一七日紙背(某書状)「この御詠ともを、よくよく御らんせられ候て、しかるへきやうにれうけん候へく候」 〔蔡邕‐太尉楊公碑〕
② (━する) 考えをめぐらして判断すること。
※貴嶺問答(1185‐90頃)「行在所事。〈略〉京師為行也。以此等文了見也」
※太平記(14C後)七「其中に又などかは雨降る事無らんと、了簡(リョウケン)しける智慮の程こそ浅からね」
③ 思慮。考え。分別。思案。また、考え方。
※毎月抄(1219)「よろしくそれは今定め申すにおよばず、この下にて御了見候へ」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「そりゃアどういふ了簡(リャウケン)だ」
④ とりはからい。処置。
※園太暦‐観応元年(1350)一一月一八日「将軍逐電不実歟、又云、所詮師直了間歟」
※虎寛本狂言・神鳴(室町末‐近世初)「能い能い、某が了簡を以、八百年が間旱損水損の無い様にして取らせう」
⑤ (━する) 怒りや不満をこらえ、がまんすること。腹立たしいのをたえしのぶこと。おおめにみること。堪忍。宥恕(ゆうじょ)
※虎寛本狂言・鎌腹(室町末‐近世初)「身共さへ了簡すれば死るには及ばぬ事じゃ」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一「何程詫びても了簡(レウケン)は成りません」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

料簡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

料簡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.