Rakuten infoseek

辞書

文語体【ぶんごたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文語体
ぶんごたい
一般に,より古い時代の言語体系に基づく文章語文体をさす。現代の日本語の文語体といえば口語体に対して,候文普通文擬古文和漢混交文などの文体をいう。文語体で書かれた文章を文語文という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんご‐たい【文語体】
文語2」を用いて書かれた文章形式。⇔口語体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんごたい【文語体】
日本語の書きことばの一種口語体に対立する概念。口語体が一般に広まったのは明治以後であるのに対し,文語体は上代から現代に至るまで長い期間にわたって用いられている。江戸時代以前は書きことばといえばもっぱらこの文語体をさしていた。文語文の根幹をなすものは,平安時代の日本語の文法語彙(ごい)であり,ときに奈良時代のものをも交える。また,中世以降は後世の文法や語彙が混用されることもある。文語体と口語体とは,語彙,慣用語句の面でも相違があるが,もっとも大きな違いはその文法にある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんごたい【文語体】
文語で綴られた文章の様式。候文体・擬古文体・普通文体・和漢混交文体・漢文体・宣命体など。 ⇔ 口語体

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんご‐たい【文語体】
〘名〙 文語②で書かれる文章の形式。活用や助詞・助動詞の用法に口語体と異なった特色がある。普通文を主とし、書簡文(候文)の形式を除くことがある。〔日本文体文字新論(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文語体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文語体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.