Rakuten infoseek

辞書

文言【ぶんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文言
ぶんげん
Wen-yan
中国における文語文。「書き言葉」ので,白話に対する。古文ともいう。先秦時代にはかなり固定化し,共通語の役割を果すようになった。口語とはかけ離れた知識階級の文学用語として,20世紀まで大きな力を占めた。日本で通常「漢文」と称する中国古典文がほぼそれに相当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶん‐げん【文言】
文章や手紙の中の言葉。もんごん。
中国で、口語体に対して、文章体。⇔白話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ごん【文言】
文章中の語句。文句。また、言葉。「手紙文言

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんげん【文言 wén yán】
中国語における書面語(文章語)の一種。主として,古典に用いられる豊富な語彙と,簡潔な文法と,さらには洗練された修辞法を基礎とする。その初めは口語を基礎としたものであろうが,漢字のむずかしさと,中国特有の政治的な環境が,やがて一般大衆の言語と遠くかけはなれ,中国近代化の大きな障害となる。そこで,五・四新文化運動の一つの課題として,白話文運動が唱えられるようになった。中国語白話【辻本 春彦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんげん【文言】
手紙や文章の中の言葉。もんごん。
中国で、旧来の伝統的な文章表現。文語。 ⇔ 白話

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんごん【文言】
文章の中の語句。文句。 法律の- 手紙を取上げて読下す、その-に/浮雲 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐げん【文言】
〘名〙
① 文章や手紙の中のことば。文辞。もんごん。
※巖窟王(1901‐02)〈黒岩涙香訳〉一「宣告の文言(ブンゲン)に依り」
② (「文」はあや、飾りの意。飾ったことばということから) 中国で、口語体に対して文章体をいう。⇔白話

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ごん【文言】
〘名〙 文章中の語句、文句。また、文章。ことば。
※三道(1423)「其理(ことはり)を現す文言曲声に叶ひて」
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)四「おやおっかない起請を書く其起請の文ごんに」 〔韓非子‐説疑〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.