Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

文章【ブンショウ】

デジタル大辞泉

ぶん‐しょう〔‐シヤウ〕【文章】
文を連ねて、まとまった思想・感情を表現したもの。主に詩に対して、散文をいう。
文法で、文よりも大きな単位。一文だけのこともあるが、通常はいくつかの文が集まって、まとまった思想・話題を表現するもの。
威儀・容儀・文辞などとして、内にある徳の外面に現れたもの。
「およそはこの大臣(おとど)―うるはしうして」〈平家・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐じょう〔‐ジヤウ〕【文章】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ぞう〔‐ザウ〕【文章】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんしょう【文章】
一つの(センテンス)またはある脈絡をもって二つ以上の文の連続したものが,一つの完結体として前後から切り離して取り上げられるとき,これを文章という。文もそれ自体完結したものではあるが,文章の脈絡の中においては,低次の部分をなすにすぎない。長い文章では,いくつかの文が部分的にまとまって段落をなすのが普通で,小さい段落が互いに結合しつつしだいに大きい段落をなして,ついに一つの文章をなす。その各段階の段落も,それ自身文章と見ることもできる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶんしょう【文章】
解放前における朝鮮の代表的な文芸誌。1939年2月創刊。編集兼発行人は金錬万だが,実質的には作家李泰俊が編集を担当した。27号という短い生命だったが,植民地下では《人文評論》(1939‐41)とともに最後の朝鮮語文学雑誌として朝鮮の近代文学史上画期的な役割を果たした。また新人の推薦制を実施して趙芝薫朴斗鎮,朴木月ら純粋文学派の多くの優れた新人を送り出した。41年4月,日本の植民地政策によって強制廃刊させられるが,《文章》はいわば日帝時代末期の〈暗黒期文学時代〉に突入する前の残照のかがやきのようなものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんしょう【文章】
古くはもんじょうもんぞうとも
話し手または書き手の思考や感情がほぼ表現し尽くされている一まとまりの統一ある言語表現で、一つもしくは複数の文から成るもの。一編の小説・評論・詩などの類。講演や複数の話者による座談など音声言語を含めることがある。それ自体で表現が完結しているものならば、和歌や俳句も文章といえる。
に同じ。
内面の徳が容貌や言語として外にあらわれるもの。 このおとど-うるはしうして心に忠を存じ/平家 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんじょう【文章】
ぶんしょう(文章)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんぞう【文章】
ぶんしょう(文章)に同じ。 玉だれの奥ふかく侍るだらけの-をやりたがり/滑稽本・浮世風呂 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文章
ぶんしょう

文がいくつか集まり、かつ、まとまった内容を表すもの。内容のうえで前の文と密接な関係をもつと考えられる文は、そのまま続いて書き継がれ、前の文と隔たりが意識されたとき、次の文は行を改めて書かれる。すなわち、段落がつけられるということであり、これは、書き手がまとまった内容を段落ごとにまとめようとするからである。この、一つの段落にまとめられる、いくつかの文の集まりを一文章というが、よりあいまいに、いくつかの文をまとめて取り上げるときにそれを文章と称したり、文と同意義としたりすることもあるなど文章はことばの単位として厳密なものでないことが多い。これに対して、時枝誠記(ときえだもとき)は、文章を語・文と並ぶ文法上の単位として考えるべきことを主張し、表現者が一つの統一体ととらえた、完結した言語表現を文章と定義した。これによれば、一編の小説は一つの文章であり、のちに続編が書き継がれた場合には、この続編をもあわせたものが一つの文章ということになる。俳句、和歌の一句・一首は、いずれも一つの文章であり、これをまとめた句集・歌集は、編纂(へんさん)者の完結した思想があることにおいて、それぞれ一つの文章ということになる。

[山口明穂]

『時枝誠記著『日本文法 口語篇』(1950・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐しょう ‥シャウ【文章】
〘名〙
① (「文」は青と赤のあや、「章」は赤と白のあや) あや模様。模様。
※枕山詩鈔‐初編(1859)下・詠金魚「微物文章具、霊源秀所鐘」 〔礼記‐哀公問〕
② 威儀や文辞などとして、内にある徳の外面に現われたもの。
※平家(13C前)三「凡はこのおとど文章うるはしうして、心に忠を存じ」 〔論語‐公冶長〕
③ 一つの主題でまとまった思想を表現するために、文(センテンス)を連ねたもの。主として、話しことばの談話に対して書状など書きことばについていい、また、詩歌に対して音数、韻などの比較的自由なものだけをさすことがある。
※文華秀麗集(818)序「自厥以来、文章間出、未四祀、巻盈百余
※申楽談儀(1430)能書く様、その二「ぶんしゃうのはうは、ことばをつづめてりのあらはるるを本とす」 〔史記‐儒林伝〕
④ =ぶん(文)
※広日本文典(1897)〈大槻文彦〉四九二「言語を書に筆して、其思想の完結したるを、『文』又は、『文章』といひ、未だ完結せざるを『句』といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐じょう ‥ジャウ【文章】
〘名〙
※参天台五台山記(1072‐73)三「訳経証義文章文恵大師賜紫知普」
※菅家文草(900頃)二・賀右生「業是文章家将相、朱衣向上任君心

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もん‐ぞう ‥ザウ【文章】
〘名〙 (「もんそう」とも) =ぶんしょう(文章)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「玉だれの奥ふかく侍るだらけの文章(モンザウ)をやりたがり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文章の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.