Rakuten infoseek

辞書

文献【ブンケン】

デジタル大辞泉

ぶん‐けん【文献】
《「献」は賢人の意》
昔の制度・文物を知るよりどころとなる記録や言い伝え。文書。
研究上の参考資料となる文書・書物。「参考文献

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんけん【文献】
論語八佾から。は賢の意。文字として伝えられているものと賢人が記憶しているもの、の意 昔の制度や文物を知る資料となる記録。
参考となる書物や文書。 -検索

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

文献
刊行された印刷物.英語のdocumentは,媒体の如何にかかわらず記録されたもの一般の総称であり,これが「文献」と訳される場合が多いが,日本語の文脈では,個人の手紙や録音物,ビデオ録画までも「文献」と呼ぶことはない.「資料」や「文書」という語と比較した場合,「文献」という用語は,特定のテーマをよく知るための拠り所典拠となるものの総称として使われている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐けん【文献】
〘名〙
① (「文」は書籍、「献」は賢人の意) 昔の制度文物を知るためのよりどころとなる記録や言い伝え。また、単に文書、制度。
※艸山集(1674)一四・和李梁谿戒酒詩並序「既嫌文字飲、縁何足文献」 〔論語‐八佾〕
② 研究の参考資料となる書物・文書。
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉二三「卒業論文には〈略〉東洋の文献を使用しても好い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文献」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文献の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.