Rakuten infoseek

辞書

文永【ブンエイ】

デジタル大辞泉

ぶんえい【文永】
鎌倉中期、亀山天皇後宇多天皇の時の年号。1264年2月28日~1275年4月25日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんえい【文永】
年号(1264.2.28~1275.4.25)。弘長の後、建治の前。亀山・後宇多天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ぶんえい【文永】
日本の元号(年号)。鎌倉時代の1264年から1275年まで、亀山(かめやま)天皇、後宇多(ごうだ)天皇の代の元号。前元号は弘長(こうちょう)。次元号は建治(けんじ)。1264年(弘長4)2月28日改元。1264年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたる1261年(弘長1)の4年後で、甲子(かっし)の年。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。文永年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、惟康(これやす)親王(7代)。執権は北条長時(ながとき)(6代)、北条政村(まさむら)(7代)、北条時宗(ときむね)(8代)。1266年(文永3)、25歳となった将軍の宗尊親王は謀叛の嫌疑をかけられ、北条氏当主の時宗らにより将軍職を解任され京に送還された。同年7月、宗尊親王の嫡男で3歳の惟康親王が新将軍に就任した。1268年(文永5)、高麗(こうらい)の使者がモンゴル帝国皇帝のフビライの国書をもって来日したが、幕府は返書を拒絶した。1274年(文永11)、モンゴルと高麗の連合軍が対馬、博多湾に来襲し、文永の役(元寇)が起こった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんえい【文永】
鎌倉時代、亀山、後宇多両天皇の代の年号。弘長四年(一二六四)二月二八日に改元、文永一二年(一二七五)四月二五日に至って次の建治となる。出典は「後漢書‐荀悦伝」の「漢四百有六載、揆乱反正、統武興文、永惟祖宗之洪業、思光啓万嗣」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文永」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文永の関連情報

他サービスで検索

「文永」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.