Rakuten infoseek

辞書

文民【ぶんみん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文民
ぶんみん
civilian
通俗的には軍人でない者という意味で用いられるが,日本国憲法が「内閣総理大臣その他の国務大臣は,文民でなければならない」 (66条2項) と規定する場合の「文民」については解釈上問題となっている。この規定は日本の再軍備を予見した極東委員会要請により貴族院で追加されたもので,その趣旨とするところは,政治の基本に文民優位の原則を貫徹させ,軍国主義を否定し,また政治責任を明確にして民主主義を制度的に確立しようとするところにある。「文民」については,強度の軍国主義思想の持主でない者とするもあるが,その本来の意味は職業軍人経歴のない者のことである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶん‐みん【文民】
civilian》軍人でない者。職業軍人の経歴をもたない者。
「内閣総理大臣その他の国務大臣は、―でなければならない」〈日本国憲法第六六条・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんみん【文民】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんみん【文民】
civilian の訳語 軍人でないもの。日本国憲法は「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文民
ぶんみん
職業軍人の経歴をもたない者。日本国憲法で新たにつくられた語でciviliansの訳語である。憲法第66条2項は「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」と規定している。この規定はもともと原案にはなかったが、審議の過程で、連合国最高司令部が極東委員会の意向に基づいて追加挿入を要望してきたため、貴族院で修正追加されたものである。この文民条項は、平和主義の実現を確保し、過去の軍国主義的支配の復活を防止する見地から設けられたものであるとされている。文民の意味については説が分かれているが、職業軍人の経歴をもたない者とするのが通説である。ほかに、軍人でない者をいう、したがって、軍人であった者も軍人を辞めたときから文民となるとする説、経歴、現在の地位いかんを問わず、強い軍国主義思想の持ち主でない者とする説がある。前説によれば、憲法第9条は軍隊の存在を否認しているから現役の軍人は存在しえず、憲法のこの規定は無意味なものとなってしまう。また、文民とは、経歴または資格についての観念であるから、これを思想に関するものとする後説は妥当ではなかろう。この規定は、1954年(昭和29)の第一次鳩山(はとやま)一郎内閣、55年の第二次鳩山内閣の成立にあたって、元海軍大将野村吉三郎(きちさぶろう)が防衛庁長官(現在の防衛大臣にあたる)として入閣候補にあがった際に問題となったことがある。[小松 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐みん【文民】
〘名〙 (civilian の訳語) 職業軍人でない者。
※日本国憲法(1946)六六条「国務大臣は、文民でなければならない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文民」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文民の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.