Rakuten infoseek

辞書

文殊院西古墳【もんじゅいんにしこふん】

国指定史跡ガイド

もんじゅいんにしこふん【文殊院西古墳】

奈良県桜井市阿部にある古墳。日本三大文殊院の一つ、安倍文殊院の境内に所在。1923年(大正12)に国の史跡に指定され、1952年(昭和27)には特別史跡になった。この古墳は横穴式石室をもつ古墳のなかで、最も美しく整えられた切り石の石室をもつとされ、墳形は不明だが、径20m以上の円墳の可能性が高く、埴輪(はにわ)や葺石(ふきいし)はみられない。石室は全長12.5m、玄室長5.1m、幅2.87m、高さ2.7m、羨道(せんどう)の長さ7.4m、幅1.9m、高さ2.0m。羨道は途中で切れており、本来はもっと長かったとみられる。玄室は磚(せん)状に研磨した花崗岩の石材を積み上げており、朝鮮半島の磚槨(せんかく)墳が意識されている。天井は1石で構築され、内側をやや掘りくぼめ、羨道は板石を両側4枚並べて天井石は3枚、いずれも表面を研磨しており、整った壁面を構成している。日本の横穴式石室の白眉(はくび)ともいえる古墳で、副葬品などは知られていないが7世紀中ごろのもので、大化改新後に初めて左大臣にのぼり、4年後に死去した阿倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)の墓とする説が有力である。近畿日本鉄道大阪線ほか桜井駅から徒歩約15分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

文殊院西古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文殊院西古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.