Rakuten infoseek

辞書

文学論【ブンガクロン】

デジタル大辞泉

ぶんがく‐ろん【文学論】
文学作品の性質や文学の本質に関する理論。
文学に関する議論。「文学論を戦わせる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんがくろん【文学論】
夏目漱石が1903年(明治36)9月から05年6月まで,東京帝大英文科でおこなった講義を,加筆訂正したもの。07年大倉書店刊。序文で講義のモティーフを,1900年からあしかけ3年にわたるロンドン留学で英文学悪戦苦闘した体験から語っている。すぐれた語学力をもった日本人漱石が,英文学の了解不可能性という壁に突き当たったとき,この壁は,彼我文明の発展経過と言葉がながい歴史の中で身につけた“趣味”tasteのちがいによることに気づいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんがくろん【文学論】
文学に関する議論。
個別の文学作品の評価や文学一般の本質を明らかにする理論。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんがく‐ろん【文学論】
〘名〙 文学作品の性質や文芸本質に関する理論
※忘れえぬ人々(1898)〈国木田独歩〉「文学論から宗教論まで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文学論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文学論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.