Rakuten infoseek

辞書

文句【モンク】

デジタル大辞泉

もん‐く【文句】
文章中の語句。文言。「気のきいた文句」「殺し文句
歌謡などで、メロディーに対して歌詞をいう。「歌の文句
相手に対する言い分や苦情。不服。「弁償してもらえるのなら文句はない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もんく【文句】
文章の中の語句。書物などに出てくる言葉の一節。章句。 歌の-を覚える 名- 聖書の中の-を引用する
不満・不賛成などの言い分。苦情。不服。 -を言う
[句項目] 文句を付ける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐く【文句】
〘名〙
① 文章中の語句。文言(もんごん)
※正法眼蔵(1231‐53)転法輪「十軸の文句、たとひ偽なりとも」 〔宋史‐許将伝〕
② 相手に対する不平や苦情。
※わかれ道(1896)〈樋口一葉〉中「台所へ板を並べてお飯を喰べさせるに文句(モンク)が入る物か」
③ 歌謡などで、その節に対して歌詞をいう。もと、レコードの詞章を印刷して添えたものもいった。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉一四「嗾(けしか)けるやうな壮士節の文句(モンク)を応用して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんぐ【文句】
※今昔(1120頃か)一三「亦、摩訶止観・文句・章䟽等を学び翫て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.