Rakuten infoseek

辞書

文化遺産【ぶんかいさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文化遺産
ぶんかいさん
cultural heritage
その社会の歴史のなかで長期間にわたって維持継承されてきた文化要素の総体。そのなかには,(1) 物質文化 (道具,機械,建築物,道路,上下水道など) ,(2) 精神文化 (哲学,芸術,科学技術,社会思想など) ,(3) 制度的文化 (習俗慣習,制度,法律など) が区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんか‐いさん〔ブンクワヰサン〕【文化遺産】
前代から現代に伝わってきた、また、将来継承されるべき文化・文化財。
世界遺産の分類の一。ベネチア万里の長城姫路城原爆ドームなどが登録されている。世界文化遺産。→世界遺産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんかいさん【文化遺産】
現代にまで残され、将来に継承されるべき、過去の時代の文化財。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんか‐いさん ブンクヮヰサン【文化遺産】
〘名〙 前の時代の文化財で、現在に伝わるもの。次の時代の文化の発展のために継承される文化。
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉一〇「世界的な古典は、世界共通の文化遺産であって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文化遺産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文化遺産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.