Rakuten infoseek

辞書

文公【ブンコウ】

デジタル大辞泉

ぶん‐こう【文公】
[前697~前628]中国、春秋時代国王在位、前636~前628。姓は姫。名は重耳(ちょうじ)。9年間の亡命後、帰国して即位内政を整え、軍備増強春秋五覇の一人に数えられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんこう【文公 Wén gōng】
前697‐前628
中国,春秋晋の君主。在位,前636‐前628年。献公の子で名は重耳。晋に驪姫(りき)の乱がおこると讒言をうけて出奔し,趙衰(ちようし),狐偃(こえん)らの臣下とともに19年のあいだ諸国を流浪した。秦の穆公(ぼくこう)の助力により,ようやく帰還したときはすでに62歳であったという。即位ののち周室の内乱をしずめ,宋を助けて曹・衛を討ち,また北進してきた楚を城濮(じようぼく)の戦で破り,諸侯と践土(せんど)に会盟して(前632),斉の桓公につづく春秋第2番目の覇者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんこう【文公】
前697?~前628) 中国、春秋時代の晋しんの王(在位 前636~前628)。名は重耳。父献公の死後の内乱を避けて国外に亡命。19年ののち帰国して即位。国力を充実させ、春秋五覇の一人となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文公
ぶんこう
(前697/672―前628)
中国、春秋五覇(ごは)の1人で、晋(しん)の君主(在位前636~前628)。字(あざな)は重耳(ちょうじ)。父の献公(けんこう)が驪姫(りき)を寵愛(ちょうあい)したことから発した内乱で国外に亡命し、狄(てき)、斉(せい)、楚(そ)、秦(しん)などに19年間の流寓(りゅうぐう)生活を送ったが、秦の穆公(ぼくこう)の援助を受けて帰国し、即位した。周室の内乱で鄭(てい)に亡命していた周の襄(じょう)王を助けて帰国させ、また強大化した南方の楚を城濮(じょうぼく)(山東省)の戦いで破り、中原(ちゅうげん)を防衛した。践土(せんど)(河南省)に諸侯を集めて会盟を主催し、王より伯(覇)を賜った。[田中柚美子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐こう【文公】
中国、春秋時代の晉の王(在位前六三六‐前六二八)。名は重耳。献公の子。善政をしき国力を充実させ、春秋五覇の一人となった。(前六九七‐前六二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文公の関連情報

関連キーワード

文公[晋]推古天皇推古天皇推古天皇推古天皇トン・ヤブグ・ハガン推古天皇推古天皇

他サービスで検索

「文公」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.