Rakuten infoseek

辞書

文侯【ぶんこう】

世界大百科事典 第2版

ぶんこう【文侯 Wén hóu】
?‐前396
中国,戦国初期のの君主。在位,前445‐前396年。桓子(かんし)の子で名は斯(し)(一説に都という)。彼の在位中に魏は趙・韓とともに諸侯に列せられた。みずからは孔子の高弟子夏に師事し,段干木賓客とし,また西門豹(せいもんひよう)を鄴(ぎよう)の令に任命して灌漑事業を行わせ,法律家李悝(りかい)の意見をいれて農業生産力の増強につとめた。一方,軍事面でも呉起や楽羊(がくよう)を将軍に起用して領土拡大をはかるなど,諸国に先がけて富国強兵策を実行し,魏を戦国初期における第一の強国に発展させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

文侯
ぶんこう
(?―前396/386)
中国、戦国魏(ぎ)の君主(在位前445/424~前396)。字(あざな)は斯(し)、都。知伯を滅ぼした晋(しん)の魏桓子(ぎかんし)の孫。紀元前403年、周の威烈王(いれつおう)の時代、韓(かん)、趙(ちょう)とともに晋から独立して諸侯に列せられた。儒家の子夏を師とし、賢者の段干木(だんかんぼく)を客とし、有能の士を登用して賢君の誉れが高かった。西門豹(せいもんひょう)による灌漑(かんがい)事業、李(りかい)による法典編纂(へんさん)、農業生産力の増強、穀物価格の安定などで国内の中央集権化を推進し、外には呉起や楽羊を用いて中山、斉(せい)、秦(しん)、楚(そ)を討った。文侯の富国強兵策により、魏は戦国初期における強国の一つとなった。[田中柚美子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文侯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文侯の関連情報

関連キーワード

会計監査人文侯[戦国魏]慕容垂アウグスティヌス(神学者)国民民主連盟NLD赤穂市民病院政治資金と政務調査費少年院ポンジアスカル

他サービスで検索

「文侯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.