Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

文中【ブンチュウ】

デジタル大辞泉

ぶん‐ちゅう【文中】
文章のなか。「文中に引用する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんちゅう【文中】[年号]
南北朝時南朝長慶天皇の時の年号。1372年4月?日~1375年5月27日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんちゅう【文中】
文章のなか。 -敬称略

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんちゅう【文中】
南朝の年号(1372.4.?~1375.5.27)。建徳の後、天授の前。長慶天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ぶんちゅう【文中】
日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1372年から1375年まで、長慶(ちょうけい)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は建徳(けんとく)。次元号は天授(てんじゅ)。1372年(建徳3)4月改元。災異改元とも考えられているが、改元の理由・経緯はわかっていない。また、命名の出典も不詳。文中年間の北朝の天皇は後円融(ごえんゆう)天皇。北朝では応安(おうあん)(1368~1375年)、永和(えいわ)(1375~1379年)の元号を使用した。同年間の室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。おもに九州を舞台として、南朝と北朝の戦いが展開された時期である。室町幕府の九州探題となった今川貞世(さだよ)(了俊(りょうしゅん))は1372年(文中1/応安5)に、南朝の征西将軍懐良(かねなが)親王が拠っていた大宰府を陥落させ、北朝方の拠点として九州での攻勢を開始した。これに対して、南朝方の菊池武朝(たけとも)らが激しく抵抗を続けた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ちゅう【文中】
〘名〙 文章のうち。文として書かれているものの中。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「最も長文なりと雖も文中(ブンチウ)味ひあるに似たれば」 〔李程‐攻堅木賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんちゅう【文中】
南北朝時代、南朝の長慶天皇の代の年号。建徳三年(一三七二)四月に改元、文中四年(一三七五)五月二七日に至って次の天授となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.