Rakuten infoseek

辞書

敷(き)【シキ】

デジタル大辞泉

しき【敷(き)】
敷くこと。また、そのもの。物の下や底などに敷くもの。現在では、多く他の語と複合して用いられる。「鍋(なべ)敷き」「花瓶敷き
「その筥(はこ)の―に大納言殿の書かせ給へる」〈栄花・本の雫〉
船の底板。かわら。
敷金」の
敷地」の略。「河川敷き
敷布団」の略。
敷居」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じき【敷(き)】
[接尾]部屋の大きさを畳の数によって表すのに用いる。「八畳敷き

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ【敷】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]しく
〈フ〉平らに広げて全体に及ぼす。しき延べる。「敷衍(ふえん)敷設
〈しき(じき)〉「敷居敷金敷地敷布座敷屋敷河川敷千畳敷風呂敷
[名のり]しき・のぶ・ひら
[難読]折敷(おしき)桟敷(さじき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しき【敷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しき【敷】
敷くこと。また、敷くもの。多く他の語と複合して用いる。 「鍋-」 「板-いたじき」 「その筥の-に/栄花 本の雫
和船で、船底の縦通材。かわら。
「敷き布団ぶとん」の略。 「 -の厚いのは困る/黴 秋声

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じき【敷】
( 接尾 )
畳の数を表す語に付いて、部屋の大きさを表すのに用いる。 「六畳-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じき【敷】
〘接尾〙 部屋の広さを畳の数によって表わすのに用いる。「八畳敷」「十二畳敷」など。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉二「成程十五畳敷にいつ迄居る訳にも行くまい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敷(き)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敷(き)の関連情報

他サービスで検索

「敷(き)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.