Rakuten infoseek

辞書

敵中横断三百里【てきちゅうおうだんさんびゃくり】

世界大百科事典 第2版

てきちゅうおうだんさんびゃくり【敵中横断三百里】
山中峯太郎の実録小説。1930年(昭和5)《少年俱楽部》に連載,他の短編と合わせて講談社より刊行日露戦争さなかに奉天大会戦に備えてロシア軍の背後深く敵情偵察に赴いた建川斥候隊の活躍を描いたこの小説は,満州事変前夜の国情とあいまって爆発的に売れ,屈指のベストセラーとなった。山中峯太郎は大正期から山中未成,大窪逸人等の筆名で《中央公論》などにいわゆる実録ものを数多く書いていたが,その経験のうえに,生き残りの斥候隊員の証言を得て,そこに独特の対露認識と危機感を盛りこむことに成功。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

てきちゅうおうだんさんびゃくり〔テキチユウワウダンサンビヤクリ〕【敵中横断三百里】
山中峯太郎による短編の児童文学作品集。昭和5年(1930)、雑誌少年倶楽部」4月号から9月号に連載。作品集は昭和6年(1931)に刊行。日露戦争の経験者への取材などをもとに書かれた実録冒険小説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

敵中横断三百里
てきちゅうおうだんさんびゃくり
山中峯太郎(みねたろう)のドキュメント・ストーリー。1930年(昭和5)『少年倶楽部(くらぶ)』の4月号から9月号に連載、作者の人気を決定的にした。日露戦争沙河(さか)の会戦が舞台。建川(たてかわ)騎兵中尉を斥候長とする6名の騎兵斥候が、敵状を探る使命を帯び、ひそかにロシア軍の陣内深く潜入し、多くの危険に遭遇しながら役目を果たし、奇跡の生還をする物語。山中峯太郎が、建川中尉と隊員の豊吉(とよよし)軍曹から直接聞いた話を書いたもので、樺島勝一(かばしまかついち)の精緻(せいち)なペン画の挿絵が添えられ雰囲気を盛り上げている。[二上洋一]
『『愛蔵復刻版少年倶楽部名作全集』(1970・講談社) ▽『敵中横断三百里』(1975・講談社・少年倶楽部文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敵中横断三百里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敵中横断三百里の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.