Rakuten infoseek

辞書

整合【せいごう】

デジタル大辞泉

せい‐ごう〔‐ガフ〕【整合】
[名](スル)
ずれや矛盾がなく、前後・上下などがそろうこと。また、そろえること。「論理が整合する」
上下に重なる地層が、時間的にほぼ連続して堆積(たいせき)していること。
電気回路で、相互のインピーダンスを合わせ、効果を最大とすること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

整合
地層の場合には二つの地層の間に浸食の間隙がなく,引き続いて堆積が行われたと見られる場合に,この二つの地層は整合であるという.地層の連続的な順序で,それぞれの面が互いに平行なこと.地質構造の場合に二つの隣合った地層の走行傾斜が等しいときに,二つの地層は構造上整合の関係にあるという[木村ほか : 1973].conformableも同義.アコーダンス(accordance)[Hein : 1908].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいごう【整合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいごう【整合】
( 名 ) スル
〔consistence〕 論理が首尾一貫していること。 「 -的」
ぴったり合っていること。また、きちんと合わせること。
〔conformity〕 重なり合った二つの地層の堆積した年代がほぼ連続していること。 ⇔ 不整合
〔matching〕 ある系から異なる系にエネルギーを伝達する時、最大の効率で送れるように両者間の条件を調整すること。マッチング。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

整合
せいごう
conformity
不整合対語。地層間の層位学的関係を表わす用語。上下に重なる2つの地層の間に堆積の時間的間隙がほとんどなく,ほぼ連続して堆積している場合をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

整合
せいごう
ある地層の上に別の地層が、大きな時間間隙(かんげき)なしに引き続いて堆積(たいせき)した状態をいう。この場合、下位の地層と上位の地層とは層理面が平行であることが多く、上位の地層が堆積する前に下位の地層が傾斜・褶曲(しゅうきょく)したり、侵食を受けたりすることはない。しかし、斜交層理のように、上下の地層が斜交していても整合と扱われる場合もある。また、普通に整合とよばれる場合でも、どの層準も一定の速度で堆積するわけではなく、急激に堆積したあと長い期間無堆積であることがある。たとえば混濁流堆積物の場合は、混濁流によってもたらされた砕屑(さいせつ)物が短期間に堆積し、次の混濁流が生じるまで長期間無堆積の状態が続く。
 整合一連の地層でも、一部に短い無堆積の期間や、軽微な侵食がみられることがある。このような堆積間隙はダイアステムとよばれ、不整合には含まれない。[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐ごう ‥ガフ【整合】
〘名〙
① きちんと合うこと。また、あわせること。一致すること。〔哲学字彙(1881)〕
② あい重なる二つの地層の間に、いちじるしい堆積(たいせき)の間隙のない状態。激しい地殻変動や、長期間にわたる陸化がなかったことを示す。上下の地層は互いに平行。〔英和和英地学字彙(1914)〕
③ 一つの系から他の系にエネルギーを伝達する場合、損失が最小になり、出力が最大になるように調整のとれている状態。マッチング。
④ 社会集団の行為や観念が、秩序正しく結合された方法で働くように組織化すること。また、その過程。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

整合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

整合の関連情報

他サービスで検索

「整合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.