Rakuten infoseek

辞書

数字【スウジ】

デジタル大辞泉

すう‐じ【数字】
数を表すのに用いる記号や文字。アラビア数字(「1、2」など)・ローマ数字(「Ⅰ、Ⅱ」など)・漢数字(「一、二」など)の類。
統計・成績・計算など、数字によって表される事柄。「数字に強い」「数字がものを言う」
数個の文字。
[アクセント]12はスージ3ージ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すうじ【数字 figure】
数を書き表すのに,いろいろな文字,記号を使う。今日,われわれはアラビア数字と漢数字をおもに使っている。アラビア数字0,1,2,3,4,5,6,7,8,9はもともとはインドで生まれたものである。それがアラビアに伝わり,アラビアからヨーロッパへ入ったのでアラビア数字と呼ばれている。インド数字と呼ぶのがほんとうであろう(図1)。インドでは10個の数字0,1,2,……,9と位取りの原則をうまく組み合わせて,すべての数字を表すようにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すうじ【数字】
数を表す文字。漢数字(一・二・三…)・アラビア数字( 1 ・ 2 ・ 3 …)・ローマ数字(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ…)など。
(金銭・予算・統計など)数字で表される事柄。数値。 「具体的な-を示す」
[句項目] 数字に明るい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

数字
すうじ
数を表す文字をいう。ものを数えるという行為は、地球上の生物のなかで人間だけがもつ能力であるが、先史時代にどのように数え、どのように記録していたかは十分に明らかではない。
 もっとも素朴な形での数の表し方としては、1本の棒にその数だけ刻み目をつけるものであるが、やがて大きい数を数え、記録するために簡単で系統的な数組織が生まれ、それを表す符号が考え出された。数組織では、古くから人間の指の数を基礎としたものが多くの民族の間で用いられている。
 数を表す文字としての数字は、それぞれの古代文明において、書く技術つまり書く道具によって異なった発展がみられる。たとえば、バビロニアでは粘土板にとがった筆記用具が用いられ楔形(くさびがた)数字が生まれ、古代エジプトではパピルスとペンにより象形数字が生まれた。マヤでは棒切れと小石、中国や日本では毛筆が使われて、漢数字が発展した。
 数字によって数を書き表す方法(記数法)は位取りと関連をもち、大きな数の記数には新しい符号が用いられている。たとえば、早くから十進法を採用したエジプト人は、零を含む位取りを知らなかったため、一、十、百、千、……の数字に新しい文字を使った。ヒエログリフでは、一の位は垂直な棒、十の位は放牧したウシに使うつなぎ道具、百の位は長さを測る巻測量綱、千の位はハスの葉、万の位は指、十万の位はオタマジャクシ、百万の位は驚いている人、といった符号が用いられた。零の記号が初めて使われたのは紀元前300年ごろのバビロニアで、当時の零の記号は現在の0ではなく、Wを横にしたような形であった。零の記号が出現するまでは零の部分は空白にしていたといわれる。
 今日、世界で共通して使われている1、2、3、4、5、……、0という数字は算用数字、アラビア数字とよばれるが、その発生はインドであるとされる。つまり、インドで使われていた零記号を含む数字と十進法位取りの数字が西方に伝わり、イスラムにおいて少しずつ改変され、それが12世紀ごろヨーロッパに伝わって修正されていったものである。そしてヨーロッパの文化的・政治的優勢もあって急速に世界に広まった。ローマ数字はといった文字であるが、たとえば4を(5-1)、9を(10-1)というように減法原理を使っているのが特徴である。[内田 謙]
『ヒース著、平田寛・菊地俊彦・大沼正則訳『ギリシア数学史』(1959・共立出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すう‐じ【数字】
〘名〙
を記すのに用いる記号、文字。アラビア数字の1、2、漢数字の一、二、ローマ数字のI、IIなどの類。
※随筆・海録(1820‐37)八「数の文字 数字に画多き文字を用ゆる事」
② 転じて、統計など数字で表わされる数量的な事柄や知識。「数字に強い」
※それから(1909)〈夏目漱石〉一二「彼は又旅行案内を開いて、細かい数字(スウジ)を丹念に調べ出したが」
③ 数個の文字。いくつかの文字。古くは「すじ」か。〔南史‐任昉伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

数字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

数字の関連情報

他サービスで検索

「数字」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.