Rakuten infoseek

辞書

数え歌【かぞえうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

数え歌
かぞえうた
歌謡の一種で1から数字のを追ってわれるもの。古くは鎮魂歌や四句神歌などに現れる原始形態から,室町時代囃子舞などにみられる。また,万歳の柱立てなどにみられるようにめでたい歌にも用いられるが,これは古くからある「宝かぞえ」「…尽し」などの系統といえる。三味線曲としては『松尽し』『三味線数え歌』,民謡では『津軽弥三郎節』,囃子舞で『大黒舞』などが知られる。最も多いのは物売り歌や手毬歌で,子供の数を数える遊び歌にも用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぞえ‐うた〔かぞへ‐〕【数え歌】
「一つとや(一つとせ)…二つとや(二つとせ)…」などと順に数えたててうたう歌。多く頭韻を踏む。
古今集仮名序六義(りくぎ)の一。感じたことをそのまま表した歌とも、物の名を詠み込んだ歌ともいうが、語義不明。漢詩の、六義(りくぎ)の賦(ふ)にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぞえうた【数え歌】
一つ二つと数を追っていく形式の歌で,わらべ歌や流行歌(はやりうた)の中に多く見られる。数の連続を競う〈手毬(てまり)歌〉〈お手玉歌〉〈羽子突(はねつき)歌〉のように数量や順序を計算する意味と,津軽民謡《弥三郎節》のように嫁いびりの事例をいちいち列挙する意味の2義が〈数える〉には含まれる。もともと数えは招魂法,降神術などによみあげる一種の呪言(まじない)であり,たとえば鎮魂(ちんこん)祭では,〈一(ひと)二(ふた)三(み)四(よ)五(いつ)六(むゆ)七(なな)八(や)九(ここの)十(たりや)〉の数を10回唱える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぞえうた【数え歌】
一つ、二つと数える言葉が各歌詞の歌い出しにおかれ順次数をおって続いていく歌。
平安時代に、漢詩の六義りくぎになぞらえてたてられた和歌の一体。「賦」に当たる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

数え歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

数え歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.