Rakuten infoseek

辞書

敬白【ケイハク】

デジタル大辞泉

けい‐はく【敬白】
《うやまい謹んで申し上げるの意》手紙や願文(がんもん)などの末尾に用いる語。「謹啓」と対応する。敬具。「亭主敬白
[補説]古くは「けいびゃく」といった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐びゃく【敬白】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けいはく【敬白】
謹んで申し上げること。書状・願文などの末尾に挨拶あいさつ語としても用いる。けいびゃく。 「店主-」 「恐惶きようこう-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けいびゃく【敬白】
けいはく(敬白)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐はく【敬白】
〘名〙
① うやまって申し上げること。つつしんで申し上げること。けいびゃく。
※文明本節用集(室町中)「敬 ケイハク」 〔釈名‐釈書契〕
願文や手紙などの末尾に用いる挨拶(あいさつ)のことば。敬具。謹白。けいびゃく。
※朝野群載‐二・寛弘九年(1012)六月二五日・北野廟献物願文「匡衡病中右筆。伏地敬白」
[補注]②は「書札作法抄」(一三四二以降)に「敬白の字、在家より出家の方へ書也。又、出家と出家とは申に不及」とあるように、僧侶の書簡に用いる書留語であり、一種の位相語といえる。これは、仏教儀礼の法会などに宣読される表白文の書留語が書簡に及んだものか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐びゃく【敬白】
〘名〙 (「けいひゃく」とも)
※高野本平家(13C前)三「八幡、平野、大原野などへ行啓なるべしと、御立願有けり。仙源法印是を敬白(ケイヒャク)す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敬白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敬白の関連情報

他サービスで検索

「敬白」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.